縁の下を使用した俳句

縁の下に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

縁の下を含む俳句例

蟻急ぎをる西大寺縁の下/六林男

それならば縁の下には蟇/桑原三郎

山寺や縁の下より冬椿/五十嵐播水

春祭縁の下より人現れて/綾部仁喜

空也忌や縁の下より鉦叩/加古宗也

残雪や如意輪堂の縁の下/角田竹冷

一茶庵縁の下より昼ちちろ/古澤活水

何虫ぞころ~じいと縁の下/寺田寅彦

冬の日や縁の下まで箒の目/長谷川櫂

半夏生草のはみ出す縁の下/若井新一

縁の下しずかに茂る鉈に鎌/鳴戸奈菜

山寺は縁の下まで西日かな/高浜虚子

山寺や縁の下なる苔しみづ/高井几董

牡丹寺まつくらやみの縁の下/辻桃子

春星や縁の下よりけもの径/中山純子

盗人潜む二百十日の縁の下/寺田寅彦

縁の下に瓶もたれあひ雛の夜/桂信子

縁の下の筍汝を掘り出だす/鎌倉佐弓

縁の下一俵の炭を蔵したり/山口青邨

春一番縁の下より矮鶏のとき/半谷智乗

俳句例:21句目~

縁の下或夜は浮巣寄りにけり/下村槐太

縁の下或夜は浮巣集りにけり/下村槐太

蝶はずみ出る縁の下真暗がり/中山純子

蟻いそぎおり西大寺縁の下/鈴木六林男

産後の犬這ひ出る花の縁の下/中山純子

行水し居れば縁の下より初嵐/寺田寅彦

毛虫焼く棒をかならず縁の下/藤田あけ烏

縁の下高くて蛇のつきすすむ/小内春邑子

子等はたゞ蟇去りし縁の下を思ふ/高濱年尾

枯野はも縁の下までつゞきをり/久保田万太郎

縁の下の薪とれば蜥蜴出てきたり/川島彷徨子

縁の下までとどく陽に豆が芽となり/栗林一石路

縁つづきはうらめしや縁の下の風呂井戸/加藤郁乎

タイトルとURLをコピーしました