鬼灯市を使用した俳句

鬼灯市に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鬼灯市を含む俳句例

恙無く四万六千日迎ふ/陳恵珍

梧桐に四万六千日の雨/兼藤/光

風鈴に四万六千日の風/多田裕計

何企む鬼灯市の片隅にて/安住敦

刺青の漢ゆ四万六千日/角川春樹

鬼灯市丹波千成皆青し/松藤夏山

鐘ひゞく四万六千日の風/星野椿

邂逅や四万六千日通り/橋本花風

軍艦に四万六千日の波/高澤良一

観音に鬼灯市の灯は遠し/山田弘子

水煙に四万六千日の雲/内田巳恵子

残んの身四万六千日詣/深見けん二

なまぐさし鬼灯市の裏の闇/森総彦

鬼灯市俄か信心賑はへる/高浜朋子

鬼灯市妻も下町育ちかな/水原春郎

日を返し四万六千日の川/藤田弥生

恙身の四万六千日だけは/福田草一

四万六千日夕映に柱あり/藺草慶子

宵の雨鬼灯市を洗ひけり/菅井蓼生

鬼灯の市の裏なる夜の厨/有馬朗人

俳句例:21句目~

暗がりに鬼灯市の塵匂ふ/行方克巳

山巡る四万六千日行者/真鍋/蕗径

鬼灯市雷門で落合うて/田中松陽子

漢をり鬼灯市の暗がりに/行方克巳

真青な雨が鬼灯市に降る/清崎敏郎

滝なすや四万六千日の雨/有馬朗人

草市や寄る年波の鬼灯屋/渡辺桂子

OLの鬼灯市の帰りらし/稲畑広太郎

いつからか都電なき町鬼灯市/山越渚

爺と婆手つなぎ四万六千日/菖蒲あや

稚かき月四万六千日照らす/長谷川双

維好日四万六千日とかや/大橋越央子

鬼灯市葉の大きくて室育ち/河村昌子

羅宇屋来て四万六千日の市/山田晴彦

万太郎/敦/酸漿市が立ち/古舘曹人

赤ん坊にも四万六千日の風/松岡洋太

土砂降りのなか鬼灯市覗く/脇坂啓子

籠かばふ鬼灯市の宵の雨/水原秋櫻子

売る声の一人は子供鬼灯市/八巻絹子

身を投ず四万六千日の奔流に/的野雄

俳句例:41句目~

朱に交り鬼灯市に無頼たり/久米三汀

汲置に鬼灯市の灯の入りぬ/橋本白木

夫婦らし酸漿市の戻りらし/高浜虚子

青比丘や鬼灯市に抽んでて/石田波郷

風吹いて鬼灯市の鈴のなる/上田芳子

鬼灯市かへりの甘味処かな/橋本榮治

ビー玉をばらまく四万六千日/田辺花

鬼灯市どこも葭簀の裾濡れて/岡本眸

鬼灯市の裏側びしと水打たれ/岸田稚

鬼灯市の青き匂に疲れたり/原コウ子

あをあをと四万六千日の寺/石塚友二

鬼灯市夕風の立つところかな/岸田稚

鬼灯市女身鬱々ゆき暮るる/野澤節子

鬼灯市抜けて回転木馬の灯/山田弘子

鬼灯市抜けて竹屋の渡し跡/河口義男

鬼灯市朝顔市と指折らる/八木林之介

古絵馬に四万六千日来る/松本たかし

四万六千日なる大き夜空あり/岸田稚

四万六千日の陸橋故郷なし/八木荘一

土砂降りの四万六千日の市/清崎敏郎

俳句例:61句目~

帽白く四万六千日のひとり/原田青児

忙中の四万六千日参りかな/山縣輝夫

樹上より鳥の目四万六千日/下鉢清子

水上バス四万六千日に着く/松山足羽

浅草に蝉鳴く四万六千日/望月与次郎

かの帽子鬼灯市にまぎれざる/石田郷子

鬼灯市稀に色づきゐるがあり/松藤夏山

たゞ歩きをりて鬼灯市たのし/西方石竹

また少しこぼれて鬼灯市の雨/村沢夏風

鬼灯市見おろし堂に雨やどり/福田蓼汀

子を抱いて鬼灯市の妓かな/遠入たつみ

四万六千日詣の済みし大ごゑぞ/辻桃子

ふところに四万六千日の風/深見けん二

鬼灯市東京ぐらしにも馴れし/池田秀水

大川を舟にて詣る四万六千日/小川一路

みみず道に乾きて四万六千日/沖/里石

人の中四万六千日の人の中/鈴木五十男

つづく訃に四万六千日の雨/鈴木やす江

鬼灯を買うて尼ぜや草の市/小原菁々子

師を葬り鬼灯市を濡れ歩く/梶山千鶴子

俳句例:81句目~

手のひらの四万六千日の雨/青山けい子

鬼灯の市の海ほゝづきの店/深川正一郎

昨日も降り四万六千日も降る/原田青児

雨きらきら鬼灯市の夜空かな/北澤瑞史

鬼灯市鬼灯の香のひろごり来/上井正司

鬼灯市雨あをあをと通りけり/永方裕子

鬼灯市客なきときは水をやる/小林勇二

足もとに青き風立ち鬼灯市/市川千鶴子

泥鰌見て飽きぬ子四万六千日/中山純子

四万六千日のいちじつ採点す/森田公司

鬼灯市身のほてり置く橋の上/瀬戸和子

炎立つ四万六千日の大香炉/水原秋櫻子

四万六千日の山なすカルメ焼/斉藤夏風

四万六千日の自転車置場かな/高桑星吐

四万六千日の鉛筆を買ふ石工/西本一都

四万六千日の夕日の涼しさよ/外川飼虎

誰を誘いて行かん四万六千日/楠本憲吉

昼の灯に闇の色あり酸漿市/丸山しげる

四万六千日夕虹をかけにけり/川上梨屋

濡れ溜めて鬼灯市の荒むしろ/西谷義雄

タイトルとURLをコピーしました