川下を使用した俳句

川下に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

川下を含む俳句例

川下に網うつ吾や朧月/太祇

川上の又川下の花芒/高澤良一

蛍火の筋川上も川下も/西尾玲子

川下に難波もあるか真菰売/光甫

一筋の道となりたり旱川/下村梅子

川上とこの川下や月の友/松尾芭蕉

川下に二日月ある嚏かな/山口草堂

川下の郷へ雛増す夏の川/池上樵人

涼み舟川下遠く流れけり/正岡子規

あまざかる鄙を川下天の河/黒柳召波

川上は川下はばつと寒さ哉/正岡子規

川下にあかんぼ生れ冬の谷/和知喜八

川下に手洗ひ居る御祓かな/西山泊雲

川下に母棲む千鳥月夜かな/黒田杏子

川下に牛洗ひ居る御祓かな/西山泊雲

川下の千住曇りぬ渡り鳥/大場白水郎

川下へ光る川面や春立ちぬ/高浜年尾

川下へ橋くぐり抜け夏燕/佐須まり子

川下に薬科大学下萌ゆる/深見けん二

伊那の娘も川下へ鮎下りけり/萩原麦草

俳句例:21句目~

川上も川下もばつとして寒し/正岡子規

川下の仕掛燃えたち夏の雨/大場白水郎

川下の障子洗ひのかげりけり/鈴木花蓑

川下へしまひ蒸汽や千鳥鳴く/島田青峰

川下へ寝ぐせの藪や秋日和/鈴鹿野風呂

穂芒の葉擦れの径を川下モへ/高澤良一

どんど消え川下に月顔を出す/成瀬桜桃子

川上も川下もわかず暖かし/阿部みどり女

川下に流れ来にけりえごの花/本田あふひ

川下の方へほうたる木を替へて/高澤良一

川下の比丘尼がもとも夏断かな/本多静江

川下や施餓鬼のものゝ流れ来る/御手洗不迷

川下何事もなき川上の雲の峰/久保田万太郎

河鹿ごゑ楚々とこたびは川下モより/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました