石工を使用した俳句

石工に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

石工を含む俳句例

石工の鑿冷し置く清水かな/蕪村

石工の飛火流るる清水哉/與謝蕪村

滴りは石工の岩の泣きぼくろ/静塔

夏野路や渡り石工が鑿袋/野村喜舟

嫩草や石工の夢の橋残り/三浦健也

漂へる石工一団麒麟草/水野真由美

寒雀石工微笑を刻みをり/成田千空

早春の城出て帰る石工達/飯田龍太

石工あり玄翁宙に風冴ゆる/飯田蛇笏

石工に四角な秋の天ありぬ/坂本俳星

石工の指傷たるつゝじかな/蕪村遺稿

蜩や石工を熱き風呂が待つ/中里行雄

梅干は冬陽の芯よ石工の飯/木田千女

永き日の寺に石工の手弁当/高澤良一

露の村天使の羽を彫る石工/佐野美智

炎天や石工やすらふ石の上/新井健氏

石工の鑿冷したる清水かな/與謝蕪村

供花を売る石工の妻や雁の秋/橋本鶏二

四万六千日の鉛筆を買ふ石工/西本一都

炎天へ石工は石のくせを組む/工藤たつ

俳句例:21句目~

石工ひとり冬の月光梁つたふ/友岡子郷

石工小屋毛布を張りし窓に梅/西本一都

秋彼岸石工の妻になりきつて/野口絹子

返り花石工ひとりが出湯の中/飯田龍太

寒星率てもどる石工を父と呼ぶ/友岡子郷

濱に出てあそぶ石工の日永かな/田中裕明

臘八会石工の子らも来てをりぬ/小倉覚禅

葉桜や石工ひねもす墓石彫る/大和田亨子

石工今恵比寿を創る日除けかな/阿波野青畝

石工の子あはれ秋暑のトラコーマ/西本一都

石工もしや始祖鳥を見しかこの日ざし/澁谷道

石工らに石にえごの実落ちて跳ね/石田あき子

石ぱっと割れて石工に冬かがやく/中村菊一郎

こおろぎが石工に見えるあかるさなり/栗林千津

タイトルとURLをコピーしました