古木を使用した俳句

古木に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

古木を含む俳句例

杉古木檜老木冬青空/津田清子

鵲の巣くふ古木や石の塀/正岡子規

末の露もとの卜治や古木の山/雪色

石斛の花を宿してみな古木/古沢京

つばくらめ倒木なりし山古木/中田剛

俗名をおほはず桜古木のもと/中田剛

古木なる軒端の梅の蕾かな/高木晴子

唖蝉を集め古木は優しい樹/池上拓哉

鴛鴦に古木はげしく枯れにけり/石鼎

お彼岸の入日を刺して桑古木/久米正雄

くひついて古木に咲や梅の花/正岡子規

ひぐらしの森の古木になる男/池上拓哉

剪定師古木のごとく立ち憩ふ/田村了咲

寒参り独活の古木を杖にして/白瀬露石

山を背の梅は古木に久女の碑/児玉欣子

淑気満つ松の古木や東大寺/福田ミチル

玉梅の古木咲く白あをざめし/山口草堂

春日淡し古佛古木に朽つ寸前/宮坂静生

花の香を鎮める梅の古木かな/桑田青虎

茶の花に梅の古木を愛すかな/子規句集

俳句例:21句目~

落柿舎の夕凍みの憑く柿古木/高澤良一

額の芽や古木にも又根土にも/西山泊雲

庭木みな古木となれり望の月/柳田聖子

たんぽぽ三つ四つ梅の古木の苔/北原白秋

へそ曲り柿の古木も芽吹かんと/高澤良一

世に在るも老いぬ古木の梅白し/石塚友二

古木にて惰眠むさぼる合歓の花/高澤良一

古木より落花始まる如意輪寺/稲畑廣太郎

手をおきて古木白梅まばたけり/松村蒼石

梅古木かたへの碑にも同じ苔/黒岩恵津子

紅梅の咲いて古木の華やげり/吉岡みち代

さんしゅゆの古木ぐらつく涅槃吹/高澤良一

注連張つて古木は神の木となれり/甘糟怜子

絡み合ふ牡丹古木のひとかかへ/岩淵喜代子

タイトルとURLをコピーしました