初竃を使用した俳句

初竃に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

初竃を含む俳句例

昔より今が懐かし初竃/手塚美佐

霰ふると思ふ空かな初竈/増田龍雨

大鍋に野菜がおどる初竃/小松富子

ま青なる火吹竹あり初竃/藤田美乗

湖国なる母が生家や初竈/宮武寒々

火の神を祀るも律儀初竃/石山佇牛

煙突のよく引く音の初竃/溝口野火

初竃葛飾の野は近きかな/村山古郷

素戔嗚の末裔の守る初竈/宮武寒々

よせてある枯菊も焚き初竃/田村木国

一の火は神に二の火は初竃/山口諌江

初竃一灯の夜気はなれゐし/吉安師竹

初竃次々に燃え盛りけり/金子せん女

初竃燃えて大土間波うてる/竹中草亭

初竃燃ゆる地獄の世なりけり/新城世

初竈一灯の夜気はなれゐし/吉安師竹

初竈母の世に在る限りかも/宇咲冬男

火は神の賜ひしものに初竃/京極杜藻

春来川染めて温泉宿の初竈/宮武寒々

禅寺のみがきあげたる初竈/安藤尚子

俳句例:21句目~

老いし婢を母の如くに初竃/川上明女

豆殻を焚き初竈ゆれにけり/萩原麦草

折りくべて桑の小枝や初竃/大竹孤悠

ひややけく神おはしけり初竃/中村汀女

二すぢのこぼれ松葉や初竃/徳永夏川女

初竃燃えゐて誰か立てりける/高浜虚子

初竃祖先供養の火打ちかな/池上奈々子

塩焚の夜にこそおよべ初竃/佐野まもる

神の火をうつして焚きぬ初竃/池森葩蜂

業ふかく生きねばならぬ初竃/鍵谷芳春

茄子の木を焚き了りたる初竃/萩原麦草

まくれ立つ火もめでたしや初竃/小杉余子

初竃わが家も燃えてめでたけれ/清原枴童

置きたゞす釜のすわりや初竃/高橋淡路女

焚初の二人のものの煮こぼれて/富安風生

タイトルとURLをコピーしました