蓬髪を使用した俳句

蓬髪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

蓬髪を含む俳句例

秋風や無禄蓬髪大頭/石原八束

百姓の蓬髪あつき尊農祭/細谷源二

蓬髪の金剛寒や弾丸重し/小林康治

瞳が涼し蓬髪無言の山男/福田蓼汀

蓬髪の乞食にあひぬ土用浪/原石鼎

懐手この蓬髪に悔なきか/高柳重信

風の椿蓬髪をもて帽となす/宮坂静生

瞳も耳も蓬髪の奥燕待つ/小檜山繁子

蓬髪の人過ぎゆきし花野かな/原石鼎

蓬髪の枕にもつれ夜ぞ長き/高濱年尾

蓬髪の汗で至芸の火伏せよ/筑紫磐井

南風や蓬髪の火夫舷梯に/大橋櫻坡子

塞燈やわれ蓬髪の影とつながる/篠原

蓬髪を抱きて火口に女咳く/石原八束

寒燈やわれ蓬髪の影とつながる/篠原

指で梳く蓬髪秋の草山に/中尾寿美子

パセリ噛む蓬髪の眼は充血し/佐藤鬼房

夜食とる画室より来し蓬髪も/皆吉爽雨

大晦日蓬髪足袋をはきながら/赤尾兜子

蓬髪にしみつく雪の二日かな/佐藤鬼房

俳句例:21句目~

五月闇蓬髪にはかに櫛折れて/成瀬桜桃子

俊寛孤独のごとき蓬髪藪拓く/加藤知世子

蓬髪にはるかの二星合ひにけり/石原八束

蓬髪のわれより高く蘆枯れたり/大野林火

影よりも蓬髪のわれ寒きかな/中戸川朝人

蓬髪の明日にあてなき夜霧かな/高柳重信

灯を向けて瀧蓬髪の素顔もつ/中戸川朝人

我を迎ふ蓬髪暖炉埃りかな/菅原師竹句集

観瀑の蓬髪つひに鳴りはじむ/佐野まもる

雪虫を蓬髪に挿しどこへ行かん/細谷源二

猛獣です/蓬髪だけが育つのです/高柳重信

ゴツホの糸杉東風に逆立つ我が蓬髪/高柳重信

掌に火をたもつ蓬髪となり不眠となり/隈治人

ゴッホの糸杉/東風に逆立つ我が蓬髪/高柳重信

タイトルとURLをコピーしました