火色を使用した俳句

火色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火色を含む俳句例

山国に火色の赤さ富有柿/森澄雄

八朔や火色ある星黍に見ゆ/桃孫

山国に火色の赤き富有柿/森澄雄

妄想の火色育ちぬ落葉焚/石塚友二

祭川篝の火色映りそむ/鈴鹿野風呂

耳餅を透す火色や年歩む/永井龍男

粽蒸す火色鮮し雷のあと/山岸治子

一粒の露火色なす童子佛/宮坂静生

天平の火色となりぬお山焼/原好郎

天涯に火色の雲や草の花/仙田洋子

春浅き田の夕暮の火色こそ/大井雅人

畦焼の火色天女の裳に残る/細見綾子

松の榾牡丹の榾の火色かな/古賀昭子

秋の夜の燐寸の火色さす畳/加藤楸邨

陶窯の火色より濃き彼岸花/下阪淑峰

万燈の火色の空の露けしや/江口竹亭

海老を煮る火色映れり新暦/脇本星浪

凍鶴の夢のはじめに火色雲/鷹羽狩行

凩のかまどの火色匂ふかな/高木静花

椎若葉火色の朝は来たるかな/齋藤玄

俳句例:21句目~

七草の粥煮ゆる間の炉の火色/井上雪

懐手解いて窯主火色読む/岸川鼓蟲子

打つ鉄の火色褪めゆく葛嵐/岸原清行

甘酒の釜の火色の嵯峨しぐれ/鈴木鷹夫

春雷やしめりふふめる火色にて/岸田稚

炮烙を透かす火色や年惜しむ/永井龍男

松毬のかたち火色に磯焚火/中戸川朝人

山火今追慕の火色燃え立たす/稲畑汀子

山おろし蓼の火色を熾しけり/朝倉和江

疲れ鵜のまなこに残る火色かな/堀/仁

寒林を透して見ゆる火色あり/稲畑汀子

山女焼く古き火色を囲みけり/山田弘子

秋口の薔薇の小さき火色かな/嶋田麻紀

遠つ世の火色ひろげしお山焼/山田弘子

大師忌の夢のはじめに火色雲/周藤白鳳

古き世の火色ぞ動く野焼かな/飯田蛇笏

薄暮かな火色足したくて香水/竹内草華

谿紅葉煽いでおこす火色見え/花谷和子

貝塚に蟹は火色に生きてをり/飯山/修

野を焼ける火色にはるか仏の灯/井上雪

俳句例:41句目~

掃苔や露も燃ゆれば火色なす/栗生純夫

頃少し過ぎし火色に曼珠沙華/行方克己

一つ火をあつかふ袖に火色溜め/西村和子

夕桜焚き継ぐ三日の火色美し/文挟夫佐恵

柘榴咲くおのれに驚きし火色/小檜山繁子

梅雨に入る鞴いみじき火色かな/久米正雄

灯を消せば炉に火色あり後の月/小杉余子

母憶ふ炭の火色のやはらかし/千代田葛彦

波昏れて畦焼く火色九十九里/町田しげき

西行庵址紅葉を焚けば火色憑く/香西照雄

滝茶屋のはやき昃りの火色見ゆ/木村蕪城

火夫春愁火色に染みし胸ボタン/吉田未灰

逝く春の浅蜊煮つめる火色かな/石川桂郎

窯焚の火色みつめて去年今年/木暮陶句郎

酒の燗する火色なきつつじかな/西山泊雲

畦を焼き深き曇りに火色見す/田川飛旅子

のこる虫火色に憑かれ窯を守る/中村房子

隙間風地震に火色の無き生活/水田むつみ

露葎白膠木は火色つくしけり/鈴木しげを

ふるさとの火色はじまる落椿/宇多喜代子

俳句例:61句目~

鵜飼火の遠ざかりゆく火色かな/宮坂静生

黍を焼く母に火色の定まりて/種沢富美緒

椿の前過ぎてからおもうその火色/伊丹公子

あした濡れ一と日火色に花ざくろ/和知喜八

火の見番見惚るよ朝日の火色には/香西照雄

火色の紐売って無口なインディアン/伊丹公子

炉の火色見てもふるさとなつかしや/重田暮笛

メーデー不参の火色に憑かれ火がいのち/吉田未灰

デスクで顔消える/火色のネクタイ吊り/室生幸太郎

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました