細目を使用した俳句

細目に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

細目を含む俳句例

夏帯の少し細目の男かな/京極杞陽

涅槃寺障子細目に雪の松/星野立子

早梅や障子細目に厭離庵/安田仙郎

蛎船の障子細目や夜の雪/三宅孤軒

袋角月夜細目に丸く寝て/赤尾兜子

ホップ摘む細目乙女や朝焼に/原柯城

何が面白くて鮫のこの細目/綾部仁喜

寝ぐるしき窓の細目や闇の梅/乙州/

痴れ踊る彦三頭巾の細目穴/高澤良一

窓細目母愛でたまふ初景色/中村汀女

閨の戸の細目にあきて朧月/尾崎紅葉

雪晴の障子細目に慈眼かな/川端茅舎

いき~と細目かゞやく雛かな/飯田蛇笏

小屋の梁細目や秋蚕上蔟す/和久田隆子

春雨に細目ひらきのこけし姫/河野南畦

日は細目して漣ひろぐ雪泉/千代田葛彦

種迸るに夫婦細目の箕一つ/丸山美沙夫

細目あけ鴨居かたむき昼寝覚め/上野泰

まくなぎやいつも細目の道祖神/和田祥子

いきいきと細目かがやく雛かな/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

十月桜散らさぬやうに細目して/高井瑛子

去年今年軸の鶉の細目して/鍵和田ゆう子

牡蠣舟や障子細目に雪を見る/高橋淡路女

細目して埴輪の馬の露けしや/小野恵美子

細目入りこけしも雪解風聞けり/太田土男

躯いつぱい冬日にぬくみ牛細目/大熊輝一

長き夜の鉄扉細目に誰がために/中村汀女

雪後たりぶざまに戸口細目なる/金田咲子

戸を細目に野の鈴虫の声入るゝ/篠田悌二郎

瀬戸の海や細目するとき遠ざくら/草間時彦

貨車の扉を細目に海を見て涼む/田川飛旅子

座す熊の細目つらつら椿咲く/長谷川かな女

飾られぬ雛の細目を思ひをり/佐々木真砂夫

蚕のねむる蚕室はひそと外を細目/長谷川素逝

タイトルとURLをコピーしました