寝袋を使用した俳句

寝袋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寝袋を含む俳句例

寝袋に瞠きて聴く虎鶫/岡田貞峰

八月の荒星の下寝袋延べ/友岡子郷

寝袋に体温満ちぬ冬銀河/小川軽舟

寝袋に全天の星涼しかり/佐藤綺峰

寝袋に漂ふ如し良夜かな/荒川文雄

寝袋の中に耳澄む夜の落葉/神田岩

寝袋の中の寝返り明易し/岡部玄治

寝袋の胸に相次ぐ流れ星/勝田房治

新任教師の自転車に寝袋/鈴木清子

秋霖や寝袋に入る山泊り/細野一敏

亀泥鰌わが寝袋も冬眠す/渡辺二三雄

寝袋に顔ひとつづつ天の川/稲田眸子

寝袋をかつぎ黄金週間へ/滝沢伊代次

寝袋を干す寧らぎに仏桑花/小林碧郎

星月夜寝袋の胸閉ぢかねつ/岡田貞峰

霧月夜寝袋の胸閉ぢかねつ/岡田貞峰

駒草や寝袋を干す日の出前/渡辺立男

ねんねこは寝袋母の温み保つ/品川鈴子

寝袋が二つ干されて青蜥蜴/川崎美知子

寝袋に入りて銀河を近うせり/駒津董子

俳句例:21句目~

寝袋に年の夜の星みだれなし/小林碧郎

寝袋に聴く風音や去年今年/望月たかし

寝袋に覚めて待ちをり御来迎/田中子杏

寝袋を出て春暁の富士と逢ふ/荒川文雄

寝袋の声とび交ひて流星追ふ/中山フジ江

寝袋にあこがれる日やちんぐるま/中山純子

寝袋に入りて聴きゐるとらつぐみ/井上佳子

雁を見にゆくと寝袋背負ひたる/瀧澤伊代次

タイトルとURLをコピーしました