花鋏を使用した俳句

花鋏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

花鋏を含む俳句例

母に娘に十一月の花鋏/菅原鬨也

薫風や艶戻りたる花鋏/朝倉和江

麻衣音よくひびき花鋏/野澤節子

蜩に忘れ置かれし花鋏/谷中隆子

押入に炎昼古き花鋏/殿村莵絲子

花鋏高くかざして紫苑切る/椋砂東

苧殻箸剪る花鋏新しく/大場美夜子

黄鶲をおどろかしたる花鋏/飴山實

花鋏露の秋草えらむべく/中村汀女

花鋏静かに置きぬ菊の前/椎橋清翠

初午や研ぎものに出す花鋏/花尻万博

春月や生活をかけし花鋏/古賀まり子

木瓜剪りしばかりに曇る花鋏/関成美

白菊のしづくつめたし花鋏/飯田蛇笏

白露に置かれしままの花鋏/桑江良太

花鋏持つとき春の動きけり/藤間美枝

花鋏磨ぎ巌冬の香をたたす/朝倉和江

花鋏鳴る春暁の夢ふかし/金尾梅の門

草蜉蝣発たせて鳴らす花鋏/山口葭子

薔薇活けて外料病室に花鋏/品川鈴子

俳句例:21句目~

花鋏夜の泉へとしづめたし/朝倉和江

花鋏つかふ眉間にいなびかり/朝倉和江

花鋏つゆけき石に置かれたる/木下夕爾

花鋏露にまぶれて鳴りにけり/吉屋信子

花鋏鳴らし佐保姫安房に居り/武田和郎

花鋏露にまみれて鳴りにけり/吉屋信子

花鋏手に春愁を断ちがたし/高木美沙子

飛燕あれは夢に落下の花鋏/市野記余子

花鋏ひと冬を身に風邪栖ませ/佐野美智

花鋏持ちて秋思をそらしけり/朝倉和江

のぼりくだる大花鋏かつぎ鈴鹿/阿部完市

封ひらく薔薇を剪りたる花鋏/猪俣千代子

春めくや先づ研ぎに出す花鋏/古賀まり子

朝寒のぬくめてつかふ花鋏/うまきいつこ

菱の実の刺を切るなる花鋏/久保田/北朗

わがほとりもつとも冴ゆる花鋏/古賀まり子

タイトルとURLをコピーしました