アパートを使用した俳句

アパートに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

アパートを含む俳句例

アパートに一斜面無し鰯雲/香西照雄

アパートに水の乏しや祭笛/藤田湘子

アパートの二間貫く蟻の道/品川鈴子

アパートに新規入居者鳥帰る/太田竹丕

アパートの隠れ家めきぬ花曇/辻美奈子

アパートの外階段や木瓜の雨/神田綾美

アパートの夜は風が湧く通風筒/穴井太

アパートの雛段嶮し鉄路添ひ/香西照雄

アパートは泰山木の花に古る/山田弘子

アパートの皆共稼ぎ白粉花/七田千代子

新緑のアパート妻を玻璃囲ひ/鷹羽狩行

炎天の女体アパートヘ一筋道/野澤節子

馬追が鳴くアパートの白天井/鷹羽狩行

アパートの鉄梯盆僧ただ登る/中村草田男

囀やアパートをいつ棲み捨てむ/石田波郷

アパートの初鶏声をはりにけり/川上梨屋

断水のアパートに飼ふきりぎりす/長田等

椋鳥や五月アパート建ちそむる/小池文子

おぼろ夜やアパートの鍵店の鍵/鈴木真砂女

アパートに立つ七夕の葉擦れして/品川鈴子

俳句例:21句目~

アパートの幾つの窓は梅雨に入り/藤後左右

アパートの靴音おもき梅雨に入り/藤後左右

紙雛しか持たずアパート時代から/品川鈴子

佗助の咲きてアパート人住まず/佐野たけ子

鳥帰る子のアパートは水のほとり/古屋村木

アパートも机も古りぬ芙美子の忌/鈴木真砂女

アパートより見下ろす墓地の暖かき/細見綾子

アパートを見に行く砂塵花大根/鍵和田ゆう子

アパートの梅雨のひとみが窓の灯か/藤後左右

菊の象の腋毛アパートの暗いシーツ/大沼正明

アパートがつひの棲家か木の芽和/鈴木真砂女

アパートも店も借りもの夏果つる/鈴木真砂女

酔いどれて惑星に覗かれているアパート/夜基津吐虫

タイトルとURLをコピーしました