兄嫁/嫂を使用した俳句

兄嫁/嫂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

兄嫁/嫂を含む俳句例

嫂の文の短き夜の秋/昭彦

嫂の鍋擽く音や秋の暮/幸田露伴

実家には嫂匂う麦の秋/島津天平

風青葉兄征きたれば嫂なし/的野雄

古里や嫂老いて萵苣の薹/高浜虚子

妊れる嫂と知らず麦の秋/久米正雄

金瓶愛づる嫂風邪つのる/宮武寒々

遠蛙嫂が問ふ湯の加減/成瀬櫻桃子

兄よりも兄嫁親し豆の飯/山田弘子

巴旦杏畑の上の嫂の墓/中戸川朝人

兄嫁の奥の厨房鱧たたく/菅野紅梅

嫂や火燵に遠く子を膝に/富安風生

嫂を母ともたのみ針供養/橋本鶏二

母が灯し嫂が吊り岐阜提燈/池上樵人

熟柿にうちよるまともに嫂/喜谷六花

あによめは濡縁に棲む月の暈/仁平勝

年下の兄嫁よりの御慶かな/橋本榮治

嫂のながき話や霊まつり/阿波野青畝

嫂の目のおそろしき冬牡丹/星野石雀

嫂の行く手はあはき螢かな/大屋達治

俳句例:21句目~

山火見て立つ嫂を淋しとも/清原枴童

桜湯に嫂の紅泛びゐる/小島ノブヨシ

兄嫁は甘き南瓜をえらびけり/如月真菜

嫂の落ち蚕を拾ひ嘆きたる/瀧澤伊代次

兄嫁という真白きもの花の時/対馬康子

嫂のままで花野へさしかかる/桑原三郎

絵双六兄嫁一に上がりけり/山田みづえ

蚊帳たたむ嫂母を語り尽きず/永井龍男

姆のてのひらひらく囲炉裏端/佐川広治

あによめの屍ふっくら半夏生/野間口千佳

涙涸れて居睡る嫂の団扇かな/佐野青陽人

被布を着し嫂と寺を立ち出づる/村山古郷

よめあによめの朝早い李の白さ/喜谷六花

嫂の予後やあやふき花あやめ/小島ノブヨシ

あによめのゐずなり茅花流しかな/行方克己

あによめの日傘を借りてせみしぐれ/筑紫磐井

タイトルとURLをコピーしました