朱唇を使用した俳句

朱唇に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

朱唇を含む俳句例

豊秋や朱唇残れる観世音/森澄雄

襟巻に一片浮ける朱唇かな/原石鼎

椿落ちて万緑叢中一朱唇/楠本憲吉

青檜葉の一本涼し朱唇仏/宮田正和

万緑の道をあつめて朱唇仏/穴井太

元朝の朱唇かがやく摩崖仏/穴井太

桜の実朱唇ゆたかに伎芸天/松本澄江

梅どきの笛寄せたまふ朱唇佛/角光雄

一点の朱唇褪せざる雛かな/行方克己

吉祥天の朱唇に供え花山葵/細見綾子

草虱つけ朱唇仏に会ひに行く/小島健

蛍火に火傷/朱唇の仏たち/松本恭子

四方枯れて朱唇匂へり伎藝天/東條素香

巣づくりの鳥影窓に朱唇仏/秋元不死男

弁天の朱唇にほへる初巳かな/大島直子

片向きて傾く舞童の朱唇かな/攝津幸彦

白酒に恋ほのかなる朱唇かな/島田青峰

盆病むや佛の朱唇しめやかに/松村蒼石

筆かみし朱唇の墨も夜涼かな/西島麥南

筆ほぐす朱唇の墨も夜涼かな/西島麦南

俳句例:21句目~

若武者の朱唇匂へる幟かも/相生垣瓜人

梅雨秘仏朱唇最も匂ひける/水原秋櫻子

朱唇仏湖北しぐれてゐたりけり/福島勲

春雪や村のほとけに朱唇あり/小川軽舟

ほほづきの網の目透けり朱唇仏/水沼三郎

夏痩のほつれ毛をかむ朱唇かな/西山泊雲

指輪ぬいて蜂の毒吸ふ朱唇かな/杉田久女

花冷えの朱唇から出る毒気かな/井上啓子

風呂吹や朱唇いつまでも衰へず/村上鬼城

いねし子の朱唇にうるむ雪夜かな/渡邊水巴

寒の内朱唇干されてゐたりけり/赤松ケイ子

納雛なほ濃き朱唇ふくみをり/阿部みどり女

逝く春の朱唇仏画にときめくも/秋元不死男

朱唇ややあけてやさしき雛かな/阿部みどり女

朱唇あわあわ飛雪昏らみの古仏たち/伊丹公子

タイトルとURLをコピーしました