乳母を使用した俳句

乳母に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

乳母を含む俳句例

乳母共の食の噂や夕すずみ/毛

夕立に幾人乳母の雨やどり/許六

踏青や堤左す乳母が許/松瀬青々

宗教の赤き港を乳母叱る/攝津幸彦

初午や顔見せによる乳母が宿/樗堂

乳母俥躓けば動く秋の夕/久米正雄

七夕や臈たけて尚乳母の膝/野村泊月

乳母が来てまた泣き出しぬ魂祭/山店

乳母去なす今年ばかりや雛遊び/許六

陽炎や芝に桶干す乳母か宿/正岡子規

青鷺が母よ乳母よと雑木山/鈴木鴻夫

あるじする乳母よ御針よ庭の花/炭太祇

児を寺へ頼みて乳母が田植哉/会津八一

わが為に皆野に遊ぶ乳母が宿/高浜虚子

乳母が子の袴著て來る御慶哉/正岡子規

乳母と来ておとな恥しきそ初/斯波園女

乳母の家紅包の朱が浮遊して/伊丹公子

乳母の顔浮ぶ祭の甘酒飲む/伊丹三樹彦

山吹や尋ねあたらぬ乳母が家/正岡子規

落椿わが乳母島の女なりき/中村草田男

俳句例:21句目~

若樣をかりてめのとの里居哉/正岡子規

蕨野は乳母の里蕨汁もてなされ/池田遥波

亡き母に似しと乳母泣く夏衣/石島雉子郎

乳母と児の遊ぶかてとも浮寝鳥/原コウ子

稚児抱きて乳母の詣りぬ千団子/亀井芳花

めのと出て結びましけり藁盒子/高田蝶衣

乳母の子に会釈せられぬ麦の秋/野村泊月

重ね着に胸ふくれたる乳母の香よ/久米正雄

まつはつて泣く子に乳母汗しとど/筑紫磐井

ふるさとや多汗の乳母の名はお福/三橋敏雄

まつはつて泣く子に乳母汗しとど/筑紫磐井

あれとれと乳母をせがむや揚雲雀/正岡子規

節季候を追はへてありくめのと哉/正岡子規

むぎこがし乳母が訪ねてくれにけり/倉田春名

會はで発つ義理や乳母知る蟲時雨/石島雉子郎

タイトルとURLをコピーしました