手の平を使用した俳句

手の平に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

手の平を含む俳句例

頬杖の手のひら熱し鉦叩/須田保子

凩や手の平立てる妙義山/中村史邦

新妻や手の平で切る新豆腐/小沢初美

人日の手の平に汲む神の水/川島維春

働かぬ大き手のひら中学生/森田智子

手の平に納まる熊手三の酉/福田暁子

梅を干す手のひら熱き荒筵/三橋迪子

蝌蚪生れて手のひら熱く子と夕/綾子

闇の雁手のひら渡る峠かな/正岡子規

埋火に薄き手のひら焙りけり/後藤夜半

手の平にをさまる絵本桃の花/林八重子

手のひらを返せば退る盆踊/持永ひろし

手の平におから煮を受く春祭/池田澄子

新藁を手のひら熱く束ねけり/綾部仁喜

月明の手のひら萩の一枝のせ/高野素十

望の夜の人に手のひらに鰭/津川絵理子

しくるゝや熊の手のひら煮る音/正岡子規

やはらかき母の手のひら天の川/今井里峰

手の平を落とし雪野に転びたる/大石雄鬼

手の平にのせて寄居虫貝になる/高橋正明

俳句例:21句目~

手の平に初日の恵み満ち足りぬ/中野三允

桃洗ふ手のひら丸くあてがつて/小林潔彦

模索する手のひら二枚冬の蓮/磯貝碧蹄館

田草取る手の平ほどの棚田にて/相馬遷子

真裸に罪の手のひら二枚かな/赤松ケイ子

手の平にもんで吹きつつ種を採る/福本鯨洋

手の平の茶の花捨てて行きにけり/横光利一

蚊を打てる手のひら大き傍観者/磯貝碧蹄館

手のひらをこぼれし花よ蝶となる/森田智子

手の平にひら仮名書ける入学児/冨田まさ江

蚊を叩くをんなの手のひら華やげり/谷口桂子

木枯らしに吹かれ手のひら湖をなす/阿部誠文

手のひらをかへせばすすむ踊かな/阿波野青畝

手の平に転ろがす定年/水割りグラス/鈴木正季

はまなすや手のひら紅さし四十路来る/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました