雲間を使用した俳句

雲間に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雲間を含む俳句例

子規柩をつかむ雲間より/蕪村

雲間もえ笹一色に秋の嶽/飯田蛇笏

明月や雲間につもる水の音/千代尼

雲間より稲妻の尾の現れぬ/高浜虚子

秋山や雲間にあふぐ師の庵/西島麥南

笛吹川雲間の割るる秋の風/石原八束

臘八の日矢の金色雲間より/倉橋弘躬

金銀の星を雲間に梅雨の月/相馬遷子

雲間に富士が天平の剥落か/鷲見流一

雲間に秋雪みゆる旅路かな/飯田蛇笏

春の星まてば雲間にけはふ星/原石鼎

雲間より光/反乱の二十歳/松本恭子

雲間より垂れたる藤の濃紫/福田蓼汀

雲間より烈日出でて敗戦忌/竹田一郎

かがやかに現れ雲間の凍り滝/石原舟月

春めきぬ雲間の津軽海峡も/八木林之介

柿若葉雨後の濡富士雲間より/渡邊水巴

療養の須磨の雲間の後の月/田畑美穂女

花霽れて雲間落ちくる藤木川/桂樟蹊子

雲間より射す日たんぽぽ甦り/高澤良一

俳句例:21句目~

雲間草僧追ふごとく女ゆく/大峯あきら

帰燕なほ人目に触るる雲間かな/原コウ子

月出でゝ暗くなりたる雲間かな/藤野古白

雪やんで月いざよへる雲間かな/飯田蛇笏

菜種梅雨雲間におとすボールペン/平田薫

雲間より落ちて天河の瀧となる/野村泊月

いくさ終ふ雲間の機影あきのかぜ/飯田蛇笏

いなづまやなきとおもへば雲間より/炭太祇

うらぶれて葦は雲間を降りにけり/三橋鷹女

さきそめし雲間のさくらやや遅き/飯田蛇笏

二十五菩薩煤の雲間に見えたまふ/西本一都

猫てらや雲間にかすむろくろ首/日夏耿之介

雲間の日もみづる山をさだかにす/松村蒼石

雲間よりクロユリの葉に射す薄日/高澤良一

茱萸さいて穂高嶺あをき雲間かな/飯田蛇笏

雲間洩る寒月ベッド撫でゆけり/榎本鶴さと

タイトルとURLをコピーしました