叔父を使用した俳句

叔父に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

叔父を含む俳句例

筍の鍬傷叔父の気合見ゆ/川住滋子

鳩麥や昔通ひし叔父が家/正岡子規

山奥に叔父ひとりおり山椒/寺田良治

叔父逝くや山河つめたき十月に/林桂

ずずだまや昔通ひし叔父が家/正岡子規

秋暑し叔父の墓標は見当らず/徳川夢声

爐開や叔父の法師の參られぬ/正岡子規

叔父の葬具など焼き棄つ/長谷川零餘子

わが叔父は木で病む男惜春鳥/寺山修司

叔父の僧姪の舞妓や大石忌/松本たかし

亡き叔父の学びの庭の落し文/田中英子

冬の雁満州浪人の叔父ありし/高千夏子

南瓜や絲瓜の從弟茄子の叔父/正岡子規

南瓜や茄子の從兄弟瓜の叔父/正岡子規

小角力の叔父は褌借られけり/尾崎紅葉

花火舟家老ながらも叔父の殿/黒柳召波

薪能京より叔父のまかりけり/正岡子規

叔父とよび愛をさへぎる夜の柿/宮武寒々

叔父ふたり遺骨還らず黄砂降る/松下訓子

叔父帽をかしぐ五月の訴願ごと/宮武寒々

俳句例:21句目~

姉の死に叔父が泣くなり花菜漬/鈴木鷹夫

曼珠沙花郷居の叔父を訪ふ道に/正岡子規

百日紅この叔父死せば来ん家か/大野林火

じゅずだまや昔通ひし叔父が家/正岡子規

五六反叔父がつくりし絲瓜かな/正岡子規

萬歳や誰れそれの叔父誰れが兄/会津八一

反り合はぬ叔父貴がひとり花筵/橋本榮治

蝮呼ぶ叔父よひなうたはいまも/相原澄江

叔父の忌に集ふふるさと苗代寒/小路智壽子

しし鍋やむかし馬賊といふ叔父と/邊見京子

見えかゝる叔父の閑居や葱のぎぼ/正岡子規

大叔父の好むちよろぎや先づ献ず/石井均二

桜ン坊を踏んで叔父訪へり靴新た/吉岡禅寺洞

蜜柑甘し叔父逝きしあとの海鳴りに/萩原麦草

さかんなる叔父の代ありき葛の花/中戸川朝人

叔父たるにへこたれてゐる帰省かな/笠井百合彦

タイトルとURLをコピーしました