下宿を使用した俳句

下宿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

下宿を含む俳句例

木犀の北白川は下宿街/吉村宵雨

子が慕ふ下宿学生地蔵盆/大串章

葱汁や京の下宿の老書生/正岡子規

松蕈や京の下宿の土瓶蒸/正岡子規

友の下宿に庖丁錆びる月見草/林桂

遣羽子や下宿の窓の品定め/正岡子規

葉鶏頭立たす三鬼の下宿跡/赤尾恵以

葉鶏頭咲かす三鬼の下宿跡/赤尾恵以

純愛の友よ下宿にシャツを吊る/林桂

水鉄砲なぜに下宿の未亡人/熊谷静石

冬休下宿けふより我ひとり/根岸善雄

卒業に下宿の荷物まとめけり/上村占

塵かごの赤きに下宿さくら草/赤松子

子の下宿白木蓮を目印に/斉藤たま江

春を待つ下宿の人や書一巻/夏目漱石

雪旦や下宿住ひの腹が鳴る/皆川白陀

夕焼けて窓の小さき子の下宿/岡田順子

子の下宿誘ひて皹ふやしけり/斎藤節子

川沿ひに下宿がきまり犀星忌/塩/由造

年暮るる名は太陽という下宿/対馬康子

俳句例:21句目~

引越して窓に梅なき下宿かな/会津八一

春浅き寺に下宿をもとめけり/内田百間

植木屋に下宿するてふ麦青む/田中裕明

耶蘇名持つ下宿子のをり薺粥/石川幸子

初蝶の白ゐて黄ゐて子の下宿/福嶋延子

鵙の下宿題持つて子が訪ひ来/石川桂郎

下宿にも京の底冷にも馴れて/小方比呂志

下宿子の恋成らずゐて金飼ふ/黒坂紫陽子

ベッドから両足の出て子の下宿/藤田敦子

コスモスや田舎から出し下宿生/内田百間

下宿去る荷の中に寝て卒業子/黒坂紫陽子

下宿の壁「セーヌの冬」の暦果つ/荻野泰成

頼られて下宿の餅を搗きにけり/黒坂紫陽子

夜桜へ出てしまひたる下宿かな/五十嵐播水

葱の根をコップに生けて子の下宿/上野さち子

アネモネを貨車がゆるがす友の下宿/酒井弘司

すんなりと決めし下宿や春ショール/ふけとしこ

タイトルとURLをコピーしました