グラスを使用した俳句

グラスに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

グラスを含む俳句例

グラス毀れ朝壊れる花曇/高澤晶子

追憶は切子グラスの花薊/和田季洋

三角のグラスに青子海を想ふ/篠原

流星待つ脚高のグラスにて/早川きく

背信のグラスを交はす花氷/澤田緑生

磨きゐし薄手グラスや寒波晴/能村研三

遠花火グラスの氷鳴りにけり/館岡沙緻

初飛行昏きグラスを乾盃せり/永橋並木

初髪の高さにグラス華甲の寿/児玉素朋

グラスに光を盛れば吾等の耳も春/林桂

グラスならぶ酒場の窓の桐の花/木下夕爾

グラスの輪机にのこる大暑かな/高澤良一

晩涼や切子グラスの葡萄の絵/中野貴美子

朧なりグラス廻せば花となる/千代田葛彦

氷水グラスの中のハーモニー/須藤あきこ

泡残るグラスが残るクリスマス/徳田九茶

使はれたグラスがふたつ春の雨/金田咲子

天の川グラスの跡のきらめける/仲村青彦

レモン一片グラスに浮きて春隣/館岡沙緻

街の灯のグラスに黄ばみ裾ひく夏/桂信子

俳句例:21句目~

まうしろにグラスの並ぶ桜の夜/津沢マサ子

グラスの底に唇を沈めて椿の夜/長谷川秋子

グラス拭く新月ひびきやすきかな/奥坂まや

グラス触れ合はす孤が遠巻きに/正木ゆう子

百合の木の花のグラスは何湛ふ/阿部ひろし

グラス噛むばかり愛しむちゝろ虫/殿村菟絲子

有りつたけのグラス磨きて夏立つ日/宮川秀穂

薔薇の首グラスに泛かせ多佳子の忌/内田美紗

青梅雨の洗ひ上げたるグラスかな/神谷美枝子

いつ割れるグラスかわれか冬つづく/津沢マサ子

手の平に転ろがす定年/水割りグラス/鈴木正季

グラスの酒透けりアネモネ濃むらさき/柴田白葉女

ブランデーをグラスに充たす夜の耳に君が越えたる海の音きこゆ/中野照子

ADAM/IESUS/DEMON/SATANと読み解きて擧ぐるグラスは血膿あふれよ/高橋睦郎

タイトルとURLをコピーしました