荒波を使用した俳句

荒波に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

荒波を含む俳句例

白絣荒波とほく闘へる/桂信子

荒波に這へる島なり鷹渡る/篠原

荒波の湾の小さし鳥総松/西山睦

陸奥湾の暁の荒波秋鴎/杉浦範昌

荒波の間近に蒔きし冬菜かな/汀女

花ふぶく荒波島の納戸神/石原八束

荒波や風垣高き塩煮小屋/不破幸夫

初富士へ荒濤船を押しあげる/波郷

陽炎や冬荒浪の砂の上/東洋城千句

朴の花仰ぐ荒波見し目もて/朔多恭

荒波の何に驚く月夜かな/寺田寅彦

荒波の潮けぶり飛ぶ草の花/秋櫻子

休日の荒波に遠く来て帰る/渡辺白泉

岩をかむ佐渡荒浪に寒響き/牧志朝介

砕け散る磯の荒波実朝忌/久恒多々志

荒波をかすめ来し風二月尽/印南頼子

荒浪の浜に出揃ひ魂送り/米沢吾亦紅

荒濤と婆争うて昆布採る/中戸川朝人

荒濤へきほふ日高の雪解川/沼澤石次

冬椿荒波が日を洗ひゐて/小松原みや子

俳句例:21句目~

男鹿の荒波黒きは耕す男の眼/金子兜太

稲村ヶ崎荒波寄せつ秋日和/古川さかえ

荒波に消え入る雪の何ともな/寺田寅彦

荒波や二日の月を捲いて去る/正岡子規

荒波の引き残したる夏の岩/谷内八重子

荒波を見つめ海女等の懐手/沖崎玻瑠子

荒浪に沿うて一里や除夜詣/大峯あきら

荒波にぽかり陽のさす野分かな/大谷句佛

荒濤のどすんどすんと芋茎むく/久保文子

荒波に膝を打たせて海苔掻女/礒江沙知子

荒波のあるはしぶける尾花かな/大谷句佛

霧の夜の荒濤こふる蘇鉄の実/福田甲子雄

のこれるは荒波にをり鴨かへる/水原秋櫻子

タイトルとURLをコピーしました