餓鬼を使用した俳句

餓鬼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

餓鬼を含む俳句例

赤貝のからや乗初餓鬼大将/濯資

金掬ひ昔餓鬼大将の腕/岡崎玲子

花の下骸骨踊り餓鬼笑ひ/行方克巳

餓鬼岳は紅葉緋縅岩鎧ふ/福田蓼汀

鬼胡桃餓鬼大将は子沢山/相馬禮子

餓鬼の食雲もかかるな清見寺/許六

燈籠船餓鬼の仕業か覆す/柴田奈美

七五三餓鬼大将も大人しく/山本孝司

年忘れ長者独りに餓鬼九人/中村史邦

寒蘚や餓鬼が水くむ山の音/古舘曹人

芒原餓鬼も法師も水飲みて/斎藤梅子

楊梅の味忘れめや餓鬼の舌/川崎展宏

楪や音を消したる餓鬼草子/宮坂静生

雪明り黄いちめんの餓鬼艸紙/石寒太

餓鬼道のごと旱田の中の道/安田杜峰

餓鬼鴉われの白息奪はれじ/村越化石

青梅や餓鬼大将が肌ぬいで/小林一茶

風混へ降る雪いよよ点字餓鬼/金子晃典

秋つばめ餓鬼岳寂と色を変ふ/藤田湘子

昼寝覚友二金餓鬼の句を思ふ/細川加賀

俳句例:21句目~

餓鬼岳は雷神の座や見えずとも/小澤實

雪近し餓鬼田は千の藍湛へ/白澤よし子

六波羅に餓鬼道の絵や迎へ鐘/山本右近

餓鬼の田に旱の夜の水遊ぶ/長谷川草々

水喧嘩餓鬼負うて女走りけり/萩原麦草

十界に餓鬼界のその寒さかな/尾崎迷堂

火中にて瓜馬立てり川旅餓鬼/石川桂郎

迎鐘一つ餓鬼にも打ちにけり/山本和永

豊作や賎の四五戸に餓鬼喚く/村山古郷

小鬼出て壬生狂言は餓鬼角力/細川加賀

餓鬼道の青草にほふ盆会かな/飯田蛇笏

賽銭を餓鬼のかすむる祭かな/森川暁水

鳴子引く僧の後生や臼の餓鬼/正岡子規

先頭の餓鬼大将へゐのこづち/加藤洋子

欠席の餓鬼大将は春の風邪/辰野千鶴子

毬栗の餓鬼大将もゐたりけり/平井照敏

恋餓鬼となりぬ茨の芽も炎えよ/齋藤玄

手足あげ地蔵流しの餓鬼溺る/西本一都

掃き寄せて餓鬼三人の寒の塵/小林康治

餓鬼乗せし葦菜舟の一つかな/松藤夏山

俳句例:41句目~

野分して餓鬼岳襞をあらはにす/玉木春夫

霧過ぎて照る餓鬼岳は岩ばかり/小野宏文

餓鬼共の蜜柑ほしがる十夜かな/福田掘栗

大王にひれ伏す餓鬼や壬生狂言/岸風三楼

寒夕焼このよかのよの万の餓鬼/田中水桜

山の餓鬼月夜の柿にぶらさがり/臼田亜浪

鬼は熱し餓鬼は涼しと悟らずに/正岡子規

星月夜覚めて餓鬼の田相寄るか/杉山岳陽

白き餓鬼こぶし震はせ壬生狂言/田中灯京

書餓鬼の眼灯に爛々と秋夜かな/西島麦南

白雲の去ぬればみえる山の餓鬼/安井浩司

百方に餓鬼うづくまる除夜の鐘/石田波郷

目白五羽捕りて杣の子餓鬼大将/三浦妃代

盆近き餓鬼の田草の実を持てり/巌谷小波

掃苔や餓鬼が手かけて吸へる桶/山口誓子

赤潮に犬のかたちの餓鬼立てり/谷野予志

餓鬼大将世に失せにけり次郎柿/橋本榮治

追儺の夜餓鬼の如くに出て歩く/福永耕二

ひしひしと餓鬼つく宵や蕎麦をかく/中勘助

雪嶺やコーヒー餓鬼のわが乾き/秋元不死男

俳句例:61句目~

汗の香の職餓鬼ばかりビール酌む/小林康治

辻飯に今宵どの餓鬼来ますらむ/山田みづえ

餓鬼となり菩薩となりし曼珠沙華/村松弘美

冬の星堕ちて餓鬼田の夜明けかな/橋本榮治

草紅葉敷きて餓鬼の田とびとびに/吉澤卯一

遠足の餓鬼ぞろぞろとぞろぞろと/佐々木六戈

転がれる林檎は餓鬼にくれてやろ/橋本美代子

金餓鬼となりしか蚊帳につぶやける/石塚友二

冷房を出て餓鬼となりあるきけり/徳永山冬子

亀鳴くか鳴かぬか鳴けり餓鬼阿修羅/今瀬剛一

をのれさへ餓鬼に似たるよきりぎりす/服部嵐雪

餓鬼のしりへにぬかづく恋か放屁虫/稲垣きくの

梅雨冷や舌に朱のこる餓鬼草紙/三森鉄治「仙丈」

衣更鼻たれ餓鬼のよく育つ/『定本石橋秀野句文集』

孑孑とどぶ板そして餓鬼の頃/山口三郎「未来図合同句集」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました