雨風を使用した俳句

雨風に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雨風を含む俳句例

雨風に任せて悼む牡丹かな

柊の花に雨風終りけり/岸田稚

雨風に日和をさまる夜寒哉/魚官

雨風の中に立ちけり女郎花/来山

白粥や雨風の中蕗煮ゆる/斎藤空華

雨風に挑み鶏頭爛れけり/小林康治

黒雨風は鵺かや病篤くなる/品川鈴子

雨風や最も萩をいたましむ/高浜虚子

雨風の阿賀が矢走る葛の花/小林康治

雨風の連翹闇の中となる/橋本多佳子

芭蕉破れて雨風多き夜となりぬ/鳴雪

雨風の貧乏穂蓼咲きにけり/小林康治

菊咲いて雨風多き他國かな/石井露月

辛夷打つ雨風激し三鬼葬/石田あき子

雨風の糸瓜の水も流されぬ/石田波郷

雨風の晩秋蚕の障子かな/大峯あきら

雨風の春総持寺や奥知らず/石川桂郎

十月の雨風に咲く木槿かな/廣江八重櫻

雨風に巫女のあそべる巌かな/橋本鶏二

六日はや睦月は古りぬ雨と風/内藤鳴雪

俳句例:21句目~

雨風に黙々として鵙の冬/竹下しづの女

雨風の夜もわりなしや雁の声/高井几董

雨風の日和おさまる夜寒かな/五車反古

雨風の桔梗ゆかねば悔のこる/三橋鷹女

雨風びつしりつぼみがある/栗林一石路

雲雀昇天三鬼歿後の雨風がち/小林康治

雨風のびつしりつぼみがある/栗林一石路

雨風が微雨になりゆく菱の花/柴田白葉女

花の雨風さへそひて夜もすがら/西島麥南

雨風の遍路飛ばされつつ行けり/宮津昭彦

夕の雨風邪見舞ひ来て風邪心地/川村紫陽

雨風に甕のごとくに南瓜かな/阿波野青畝

雨風たける地に伏して低き家家/栗林一石路

雨風に木の芽一刻も休まざる/阿部みどり女

友を送りて雨風に追はれてもどる/尾崎放哉

うらがれの野の雨風をそへにけり/木下夕爾

戸をしめてたうもろこしの雨風に/長谷川素逝

雨風の音する呉のくにの音するなり/阿部完市

雨風つのる夜の電車のあちこち向いた顔/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました