佇つを使用した俳句

佇つに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

佇つを含む俳句例

佇つ人に故里遠し浮寝鳥/風生

をんな見て佇つ少年や秋祭/原裕

誰が為か東京に佇つ若緑/齋藤玄

妻が佇つ枝垂桜の向う側/草間時彦

校門の陰に春暮の卵佇つ/攝津幸彦

夏桑や石牟礼道子淡く佇つ/穴井太

佇つ影の日へ歩み出す蓬原/桂信子

大西日柱の脇に人佇つて/川崎展宏

満月や深窓に佇つ一天使/夏石番矢

男の旅岬の端に佇つために/桂信子

向日葵の轟然と佇つ水の音/穴井太

月明に我佇つ他は箒草/能村登四郎

懐手むしろ艶なり女佇つ/田村無径

春深く首傾げ佇つ伎芸天/羽部洞然

門に佇つ安堵の氷浮びけり/龍岡晋

豹に佇つ女の白き夏手套/富安風生

妻子佇つ野や蛍火の栄華なし/原裕

樹々の黙光るまで佇つ初詣/知世子

売る本の重さ冬日の中に佇つ/飴山實

夏の河美貌の少年工が佇つ/草間時彦

俳句例:21句目~

夕霧に佇つも屈むも川の末/和田悟朗

眼けはしく百日紅の下に佇つ/上村占

監視員浮輪に片手入れて佇つ/丸山工

盆過ぎや人佇つてゐる水の際/桂信子

無名死に鷺佇つことの幾夏か/斎藤玄

姫辛夷佇つ花影に彩動く/伊藤芙美子

火の国の拳の奥に卑弥呼佇つ/穴井太

枯蓮に影より薄き男女佇つ/齋藤愼爾

焼薯屋佇つ歳月はすべて雪/成田千空

ひとり佇つ東京駅の冴返る/小澤初江

牡丹のため朝夕を土に佇つ/細見綾子

青田見て佇つ百姓の心はも/高濱年尾

ふるさとの秋草高き駅に佇つ/桂信子

まだ足りぬ寒さ氷らぬ岸に佇つ/原裕

那智遅日硯作りの店に佇つ/植地芳煌

渦疾し見るとなく佇つ懐手/原田種茅

常着で佇つ種苗店の夕あかり/桂信子

渓橋に傘して佇つや五月雨/飯田蛇笏

命得し夫と今年の花に佇つ/木村信子

辻ごとに春の鹿佇つ二月堂/黒崎治夫

俳句例:41句目~

世紀末の水透明に少女佇つ/寺井谷子

裏庭の比叡の夏に妻も佇つ/岸風三樓

蝸牛のゐる木は暗し女佇つ/石川桂郎

藤棚の下のふぢ色妻と佇つ/鈴木鷹夫

佇つ如く人歩みゆく野分かな/上野泰

洋みはり佇つ龍馬像懐手/深田八重子

春園や妻と佇つなる鶴の前/下村槐太

雲海に渦あり天狗岳に佇つ/渡部抱朴子

雪消野に昨日よりも胸薄く佇つ/岸田稚

雪原に佇つ初陣のこころあり/中原道夫

すつきりと水仙に佇つ戦傷兵/萩原麦草

父と佇つ流れに蟇の躍り出づ/沢木欣一

陽の枯野仮睡の中に傷兵佇つ/大井雅人

つひに佇つ奥穂山頂秋日濃し/紅谷敏子

ひとり寝の枕辺に佇つ冬の王/大木孝子

岩屋寺の筍峰仰ぎ佇つ遍路/小原うめ女

下半身省略されて案山子佇つ/大石雄鬼

血の池の蝌蚪見て女遍路佇つ/萩原麦草

後山の虹をはるかに母の佇つ/飯田蛇笏

耳うごくごと雪嶺に遠く佇つ/萩原麦草

俳句例:61句目~

老鶯や天地かがやく丘に佇つ/巌谷小波

残る鴨行人一人岸に佇つ/阿部みどり女

坊さんが佇つ一面の犬ふぐり/川崎展宏

木枯を来たり槐多の赤に佇つ/篠崎圭介

群稲棒一揆のごとく雨に佇つ/巌谷小波

蔦からむ階あり秋の風に佇つ/高濱年尾

悪声の鴨にもつとも近く佇つ/福永耕二

豌豆摘み下田通ひの船に佇つ/臼田亞浪

結界の外に佇つわれと八重桜/吉野義子

モネに佇つ糟糠の香と香水と/佐藤麗子

夕虹に妻は跼みて吾は佇つも/細川加賀

傘さして傘に雨あり萩に佇つ/岸風三楼

秋出水おびゆる犬を抱き佇つ/西本一都

葬場の冬木それ~影もち佇つ/小林康治

冬椿落つやわが佇つ前うしろ/木下夕爾

冬濠に佇つ老掏摸に時鐘鳴る/宮武寒々

退勤の闇ひき緊めて枯木佇つ/木村敏男

送り火はすぐ消ゆ星に佇つは母/及川貞

ひかり佇つ父の長身枯るる中/伊藤京子

天守閣いづくに佇つも初景色/舘岡沙緻

俳句例:81句目~

夕凪や人は故郷を捨てて佇つ/小澤克己

郡稲棒一揆のごとく雨に佇つ/巌谷小波

ふとさめて佇つ白菊に驚けり/中尾白雨

春の夜の夢の浮橋耕二佇つ/能村登四郎

渓橋に傘さして佇つや五月雨/飯田蛇笏

茫然として総枯の園に佇つ/大場白水郎

雲海を怖るる蝶をまとひ佇つ/原コウ子

霧に佇つ人あり赤き星座あり/永島靖子

初日はや何怖くして佇つ我ぞ/永田耕衣

青萩に佇つ朝息の穢れなし/つじ加代子

駅に佇つ山の冷気のうしろより/桂信子

鳰を見て他にもひとり女佇つ/萩原麦草

もの蒼む梅雨や片眼を失し佇つ/村越化石

やさしい色に河原撫子馬が佇つ/和知喜八

ゑのこ草掌にし野分の径に佇つ/内藤吐天

をさなきを二人つれ佇つ花野かな/上村占

エッセイのとば口に佇つ夜の秋/高澤良一

亡き母に吾は何をせし梅に佇つ/上崎暮潮

佇つときは頼りて二人秋袷/長谷川かな女

佇つ時も風も背をむけ耕せり/立崎ゆき子

タイトルとURLをコピーしました