旅疲れを使用した俳句

旅疲れに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

旅疲れを含む俳句例

秋風の三面鏡に旅疲れ/星野立子

旅疲れ孕雀を草に見る/高濱虚子

旅疲雪にちらつく絣の目/樋笠文

鴬のすこしみだらな旅疲れ/岸田稚

春の旅疲れ心の三日かな/島田青峰

歇むまじき藤の雨なり旅疲れ/久女

旅疲れ癒す鰻と誘はるる/稲畑汀子

ねぎ坊主厨に伸びて旅疲れ/塚原幾久

夜の蟻の畳に殖えて旅疲れ/河野南畦

旅疲れさらりと捨てん花衣/稲畑汀子

旅疲れついうと~と春火桶/高濱年尾

旅疲れ勿忘草の風に癒ゆ/大木さつき

枝豆を真っ青にゆで旅疲れ/降籏幸子

遊船に居てただ眠く旅疲れ/高濱年尾

やや寒と思ひしときの旅疲れ/稲畑汀子

旅愁とも旅疲れともリラ冷に/稲畑汀子

旅疲れ夏川に眼を落としゐて/高澤良一

旅疲れ癒え春の風邪残りをり/稲畑汀子

日がな霾りてどこかに旅疲れ/山田弘子

旅疲れ脛に秋鯖仕入れたり/鈴木真砂女

俳句例:21句目~

浪速踊見つつはあれど旅疲れ/富安風生

炎天はまぶし目を伏せ旅疲れ/高濱年尾

白玉や二度寝たのしむ旅疲れ/河野南畦

旅疲れ夫には言へず葛ざくら/吉川康子

旅疲れ納豆汁に酔ひて居り/赤塚喜美枝

夏帽を抱きて一日の旅づかれ/五十嵐播水

旅づかれ木の葉髪にも及びけり/山本久栄

旅疲れかくして語る夜長妻/竹下しづの女

旅疲れともなく家居きうりもみ/稲畑汀子

旅疲れにもあらねどもよき昼寝/高濱年尾

日をおいて出る旅疲れ麦の秋/八木澤高原

梅が香や慮外ながらも旅づかれ/斯波園女

旅疲れ首までつかる柚子の風呂/後藤澄子

残暑とて旅疲れとて消ゆるもの/稲畑汀子

沈丁の香もこそしるき旅疲れ/稲垣きくの

見るとなくみせばやを見る旅疲/大橋敦子

髪洗ひ頭蓋が小さし旅づかれ/殿村菟絲子

ブーゲンビリア無口となるも旅疲れ/鈴木真砂女

旅疲れなしとは言へず薔薇まぶし/阿部みどり女

タイトルとURLをコピーしました