水神を使用した俳句

水神に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水神を含む俳句例

水神の裾吹く風に氷解く/原裕

水神に遅月いでぬ芋畠/飯田蛇笏

水神へ勿忘草の日向道/伊原正江

藤垂れて水神の空むらさきに/裕

山神に朴水神に水芭蕉/村越化石

春潮が寄す水神の石畳/松井利彦

水神の森を遠くに都鳥/福田寿堂

かまくらや水神雪も司り/木原苑生

水神に鯉を供へて初詣/登/七曜子

涸沼守る水神の丘百日紅/鈴木壱石

水の神祀り神漉く吉野郡/木村緑枝

稜もたぬ石を水神雪ばんば/下田稔

山の神水の神ゐて鳥渡る/長谷川公二

鬼柚子や戸毎に祀る水の神/加古宗也

三月やまづ水神の深大寺/鈴木しげを

十六夜やたづねし人は水神に/泉鏡花

水神に大山百合の白さかな/前田正治

水神に水を貰ひし金売り/長江いさよ

水神の幣の日晒し実南天/石田阿畏子

水神の花括らるる日蔭かな/山本洋子

俳句例:21句目~

水神をまつる日虧けて夏隣/飯田蛇笏

水神を祀れる巌青あらし/藤本安騎生

蛇穴を出づ水神の機嫌よし/望月百代

辛夷咲く水神の辺に喧嘩堰/太田土男

かまくらの中の水神灯りたる/吉川信子

水草生ふ水神さまのまろき石/森戸光子

浚ふ井の水神に先づ神酒注ぐ/高橋向山

秋の水神を選んで手を拍てり/田浪富布

水神に笹生の時雨小降りがち/飯田蛇笏

水神のおはじきあそび水すまし/大串章

水神へ走る水音みどりの日/平井さち子

水神の前を怖れず水ぬすむ/榎本せい子

注連飾る茶室火の神水の神/千野湘山人

水神祭蟹も寄居虫も罷り出て/町田しげき

初秋刀水神祭を明日にして/長谷川かな女

水神の辺が好きで訪ふ江津は夏/松尾緑富

かまくら水神男の子の膝のくづれざる/河野多希女

水神のあたり小暗き慈悲心鳥/関口ふさの「碌々」

山がら小がら山みち小みち水神へ詣る/荻原井泉水

みなづきの雲湧くあたり水の神/いのうえかつこ「奉納」

タイトルとURLをコピーしました