昴を使用した俳句

昴に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

昴を含む俳句例

観音に瓔珞海に春昴/佐野美智

昴てふ邑へ吊橋実梅落つ/辻桃子

寒昴父母の息感じをり/老川敏彦

彳めば昴が高し花畑/松本たかし

石切つて生涯島に冬昴/宮内林童

故郷のなき晩年や寒昴/塩田晴江

いくたびも震ふ大地や寒昴/桂信子

胸中に布石の一語寒昴/保坂知加子

朧とはなりぬ昴も西の星/山本歩禅

仏壇の街というもの寒昴/対馬康子

極上のほくろが創る寒昴/櫂未知子

戸の外に清めの塩や寒昴/中沢城子

寒昴眼鏡摧けしその夜も/赤尾兜子

雷電のふとせしところ昴あり/篠原

青貝の櫛買うて出づ寒昴/文挟夫佐恵

母在せば問ひたきものを寒昴/荒木梢

猫の恋昴は天にのぼりつめ/山口誓子

肩冷えて昴に鈴の音ありぬ/鎌倉佐弓

青昴さびつつ空の冬了る/相生垣瓜人

寒昴仰ぐなり死を告げ来り/水原春郎

俳句例:21句目~

寒昴死後に詩名を顕すも/上田五千石

寒昴病みてぞ正す仰臥の寝/駒木逸歩

寒昴迷ひし時は歩き出す/高平乃布子

どの木にも木霊生まるる寒昴/美野節子

少年をさかしまに抱き寒昴/増田まさみ

玉はじけては集ひけり寒昴/市村究一郎

寒昴フルートの音は続きをり/冨田弥生

寒昴いま少年にくらい智慧/中尾壽美子

露更けし野にぼうぼうと昴星/相馬遷子

水に浮くもの透かし見ぬ寒昴/石川桂郎

昴星涙のごとくしぐれけり/大峯あきら

なつかしき昴にまみえ落葉踏む/山本歩禅

八つ手咲き仄めきそめし昴星/相生垣瓜人

寒の星昴けぶるに眼をこらす/橋本多佳子

水番に見いだされたる昴かな/吉岡禅寺洞

抱けば熟れいて夭夭の桃肩に昴/金子兜太

冬木鳴る昴の星の鳴るばかり/竹下しづの女

河鹿鳴きつのれば燃ゆる昴かな/阿波野青畝

昴は神の鈴なり冬木触りて鳴る/竹下しづの女

斉斉哈爾地方ノ母ハ寒昴ヨリ乾イテヰルカ/夏石番矢

タイトルとURLをコピーしました