駄菓子屋を使用した俳句

駄菓子屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

駄菓子屋を含む俳句例

駄菓子屋の自由空間夏燕/土屋瞳子

橋のもと今も駄菓子屋花楝/澤村啓子

角っこの三文駄菓子屋初商/高澤良一

駄菓子屋の額はせまし花石榴/仁平勝

鯉の餌売る駄菓子屋も冬隣/甲斐千鶴

百日紅咲くや小村の駄菓子店/正岡子規

駄菓子屋の奥の毛衣動きけり/今/去就

駄菓子屋の店番をして扇風機/宮下邦夫

駄菓子屋の昔なつかし扇風機/中山一穂

駄菓子屋の裏に舟寄る鯊日和/塙三千男

黐棒の蠅のうなりや駄菓子店/会津八一

南風や漁師だまりの駄菓子店/五十嵐播水

大西日いま駄菓子屋に容赦なく/和田照女

菖蒲葺く駄菓子屋のある坊小路/西本一都

駄菓子屋の奥見えてゐる扇風機/齊藤夏風

駄菓子屋の婆呑みにくる秋の蛇/星永文夫

駄菓子屋の飴片寄せて凧を売る/倉田静子

駄菓子屋へ横に手をかけ嵐の蟇/永田耕衣

駄菓子屋も端座して見る里神楽/佐川広治

奈良町の駄菓子屋に吊る絵凧かな/飯隈球子

俳句例:21句目~

穀象や駄菓子屋いまも郷ことば/城/恵己子

西陣の路地の駄菓子屋しぐれけり/奥田/積

駄菓子屋にも真田の紋や小鳥来る/後藤雅夫

駄菓子屋の木箱に萩の咲きそめし/三枝正子

鳩笛や駄菓子屋にも春来てゐたり/坂本米子

駄菓子屋に猫住んでゐる花袋の忌/針ヶ谷隆一

タイトルとURLをコピーしました