壮年を使用した俳句

壮年に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

壮年を含む俳句例

寒卵わが壮年期陥没し/相馬遷子

壮年の万年床のてんと虫/金子兜太

男顔の壮年は良き藍浴衣/鈴木まゆ

夏蕨壮年の男に捲毛二三/香西照雄

壮年の暁白梅の白を験す/赤尾兜子

葛切を金椀にわが壮年や/永末恵子

落日も河も壮年終戦日/小檜山繁子

新盆の家壮年の従兄たち/猪俣千代子

七月や壮年の樹に風はらみ/筑紫磐井

今年竹壮年の竹と仰ぎけり/朝倉和江

濁酒に壮年の髭ぬらしけり/飯島晴子

秋麗の壮年の杉木霊かな/正木ゆう子

壮年のいのちみづいろ月の中/石寒太

壮年のわれ一匹の青鹿なり/佐藤鬼房

壮年の兄遠ながめ雪虫くる/寺田京子

若葉して橡まだ少年朴壮年/富安風生

壮年の子として墓前寒菊に/古館曹人

壮年の自が耳聾ふる威し銃/津田清子

壮年の頬の公家悪桐の花/鳥居美智子

壮年や茸の匂ひの冬木立/小島千架子

俳句例:21句目~

数の子を噛み壮年の心ばへ/山口青邨

壮年の大仏にして石蕗の黄よ/中村明子

壮年の腕まくりして蜷愛す/磯貝碧蹄館

壮年は樹にもありけり剪定す/依田秋葭

壮年の肌を脱ぎたる藍師かな/黒田杏子

眉きよく壮年が耀る新樹林/柴田白葉女

外に多事雷も壮年の轟きに/平井さち子

壮年の父の貌して案山子かな/村井二郎

壮年の死にざまに似て兜虫/福田甲子雄

壮年すでに斜塔のごとし百日紅/塚本邦雄

壮年期すぎるアカシアの花粉あび/穴井太

壮年過ぎし後ろ真赤や曼珠沙華/伊東昌信

水打つやわが植ゑし樹も壮年に/福永耕二

落葉松は壮年の樹か/その疎影/楠本憲吉

球打つ壮年背後はためくものなくて/前川弘明

大けやき芽吹きさかんや吾子壮年/柴田白葉女

よき妻とともに壮年棕櫚咲けり/中村草田男「来し方行方」

壮年のあごのあたりに冬の蠅まつわり飛べりゆうべゆうやみ/沖ななも

身体髪膚傷つけ年くる壮年といへどみづからの影ひきて坐す/高嶋健一

タイトルとURLをコピーしました