石棺を使用した俳句

石棺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

石棺を含む俳句例

鰯雲石棺におく石の蓋/今瀬剛一

春仏石棺の朱に枕しぬ/飯田蛇笏

天日の下石棺と曼珠沙華/佐藤艸

石棺の蓋あいてゐる朧かな/黛執

木枯ややじり石棺犬の骨/加古宗也

石棺に夕日まばたく烏瓜/白澤良子

石棺の蓋濡れ色に冬浅し/河原芦月

石棺も句碑も拝みて福詣/梅谷昌弘

石棺を水溜にして花の寺/岡本松浜

花冷ゆる石棺に石枕かな/和田知子

三内丸山遺跡石棺冬北斗/浅沼真規子

石棺の朱におどろくや秋の暮/飴山實

日食下石棺依然よこたはる/下村槐太

石棺の夜へたたみこむ傘の骨/稲葉直

石棺の上の上なる若楓/長谷川かな女

石棺にたゞよひ落ちぬ蒲の絮/飴山實

石棺に螺鈿とまがふ青蜥蜴/那須乙郎

石棺に鳥の声沁む竹の春/二反田京子

石棺は湯舟のふかさ夕桜/鍵和田釉子

著莪咲いて石棺遠き昔呼ぶ/河野南畦

俳句例:21句目~

葭切や石棺しづむ浦の波/水原秋櫻子

石棺に銀杏降りこみ死華やぐ/西方保弘

石棺の暗さをこめて竹落葉/福田甲子雄

梅雨寒や石棺のごと校舎響き/宮坂静生

汗しづみ巨き石棺を抱きけり/松村蒼石

清明や飛天彫りたる魏の石棺/田中英子

無名こそ可し石棺の梅雨じめり/及川貞

石棺に色なき風の出入りかな/都筑智子

石棺といふ冷まじき野べのもの/東原芦風

石棺観て寒風を来し耳ふさぐ/河野多希女

石棺にはいりいちめん銀杏の葉/和知喜八

石棺に直に触れむと手套脱ぐ/佐野まもる

石棺のひろら羨しく鳥くもり/赤松けい子

忘れな草冷ゆるラファエルの石棺に/小池文子

木瓜匂ひ石棺をくらく見て目馴る/米沢吾亦紅

木瓜の朱は匂ひ石棺の朱は槌せぬ/水原秋櫻子

でんがでんがと石棺の這ひ出す雨月/後藤綾子

石棺や濡れたるものにひめぢよをん/夏井いつき

石棺に下駄音高き帰省かな/吉本伊智朗「柝頭」

石棺といふ世に重きもの散るさくら/小笠原照美

タイトルとURLをコピーしました