宝恵籠を使用した俳句

宝恵籠に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

宝恵籠を含む俳句例

空模様読みつつ発たせ戎駕/堀恭子

宝恵籠の遅るゝ一つ人波に/三宅黄沙

宝恵駕の一番駕の鯛は大/堀/みのる

宝恵籠へ大き髷より入りけり/安部桂

宝恵駕の提灯はしる宵景色/大橋宵火

戎籠腰を落してなまめける/日野草城

勢揃ひしてゐる声の戎籠/吉村いさよ

人垣に宝恵籠ひくく通りけり/田村木国

宝恵籠と人の流れの中にあり/岸風三楼

宝恵駕の女あるとき真顔なす/山下陽弘

宝恵駕のとんでゆくなり戎橋/山崎数歩

宝恵駕の紅白の紐いのち綱/橋本美代子

宝恵駕の豊かな膝は駕に触れ/上田富丈

宝恵駕をおくりて軒の立咄し/後藤夜半

宝恵籠をはみ出て厚き緋座蒲団/森董花壇

宝恵駕の尚遅るゝとふれの来る/塩見武弘

宝恵駕の妓のひざにゐる幼かな/森川暁水

宝恵籠の妓のひざにゐる幼かな/森川暁水

宝恵籠を出る裾こぼれ粉雪ちる/岡本圭岳

宝恵籠やちらつく雪も宵のほど/岸風三樓

俳句例:21句目~

宝恵籠を飾りて明日を待つ廓/戸石無盞子

宝恵駕が動き人またそれに蹤く/大橋敦子

宝恵駕や片袖垂れてあでやかに/竹下竹人

宝恵駕をはみ出て厚き緋座蒲団/森薫花壇

宝恵駕を追うて小走り戎橋/曾我部ゆかり

宝恵駕やうちはづさるゝ総格子/大橋櫻坡子

宝恵籠や死にゆく時も足袋履いて/角川春樹

宝恵籠は夜こそよけれ見にゆかん/高浜虚子

にぎやかに来る宝恵籠のふれの衆/高濱年尾

宝恵駕の髷がつくりと下り立ちぬ/後藤夜半

宝恵籠の手締めに空の晴れてきし/堀内順子

髷に手を宝恵駕の妓起たむとす/阿波野青畝

宝恵籠やくゝり添へたる梅一枝/高橋淡路女

宝恵籠や坐りこぼるゝ褄のはし/高橋淡路女

宝恵籠を降りる草履をそろへけり/長谷川素逝

宝恵籠のにぎはひとなりゆけるなり/岡井省二

宝恵籠のをんなはさのみ良からずも/高濱年尾

宝恵駕の妓のまなざしの来てゐたる/日野草城

妓ら降りて宝恵駕のみな小さくなる/後藤比奈夫

宝恵駕の妓のとりまかれ乗るところ/大橋櫻坡子

俳句例:41句目~

宝恵駕に乗つてうれしき日もありし/高田たつ女

宝恵駕を下りし妓にみちひらかるゝ/大橋櫻坡子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました