空の色を使用した俳句

空の色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

空の色を含む俳句例

蕣や夜は明きりし空の色/史邦

十六夜や慥に暮るゝ空の色/去来

かなかなや夕ふと空の色うごき/徹

雲よりも花に従ふ空の色/長谷川双

空の色松虫草の花にあり/新村寒花

初午や星出るころの空の色/石嶌岳

猫柳故郷にありし空の色/山田紀子

夕桜夕とは空の色のこと/後藤立夫

空の色大地にうつり冬館/園山香澄

蓮の花数へてよりの空の色/柿本多映

空の色映し矢車草ひらく/小神野藤花

亜浪忌や空の深みに冬の色/内舘暁青

夕暮の氷柱は空の色をして/高木晴子

春の田へ落つる時水空の色/今瀬剛一

空に空の色よみがへり黄水仙/寺井治

春暁の移りつつある空の色/臺きくえ

朝貌の今や咲くらん空の色/夏目漱石

朝顔に空の色まだ定まらず/前田育子

朝顔の凋ばぬ今日の空の色/菅沢泰子

雑踏やラムネの泡と空の色/永方裕子

俳句例:21句目~

渡り鳥見えずなりたる空の色/星野立子

ふところに柚子一つある空の色/樅山尋

秋海棠まだ降りたらぬ空の色/中野千代

空の色うつして雪の青きこと/高木晴子

空の色やさしくなりぬ良寛忌/鈴木良戈

芦刈つて水に触れたる空の色/西村和子

落鯊や風の出できし空の色/八木林之介

真日照るや樹氷に冥き空の色/内藤吐天

遠火事や焦がしあまれる空の色/畑耕一

噴水をひきたてゝゐる空の色/美濃霜月

空の色映りて晴るる氷柱かな/深見けん二

つちふるも武蔵野ぶりの空の色/清崎敏郎

空の色透かしレースの傘開く/大塚とめ子

秋なれや木の間木の間の空の色/横井也有

蓮の実のはじけ飛んだる空の色/満田玲子

春めきてものの果てなる空の色/飯田蛇笏

見とれるやむかしの空の色を着て/高橋龍

スケートに青きかなしき空の色/平畑静塔

空の色濡るると仰ぎ木の芽吹く/吉年虹二

空の色うつりて霧の染まるかと/深見けん二

俳句例:41句目~

子等去りてプールは空の色となる/和気祐孝

はまなすやきのふより濃き空の色/深見けん二

はまなすやきのふより濃き空の色/深見けん二

タイトルとURLをコピーしました