受難)を使用した俳句

受難)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

受難)を含む俳句例

受難節卓に鶏卵光りをり/上田操

廃船にあつまる鴉受難週/下田稔

逃亡は受難の始め聖夜劇/都築典子

蛇穴を出て投石の受難有り/山口洋

愛読せし本見当らず受難節/錦織鞠

聖壇の何も置かれず受難節/森田峠

喉痛むとも暗誦や受難節/中村一志

受難図のいつも黎明寒書斎/早崎明

受難曲勁し雪飛ぶ塔の先/橋本榮治

落椿地に紅かりし受難節/渡辺夏人

庖丁の錆を落せり受難節/古畑/和

黄塵に巷消えさり受難節/井沢正江

烈風の島に鳩啼く受難節/龍田杏村

耶蘇島は風音ばかり受難節/辻三枝子

受難節大工一人で木を運ぶ/亀井糸游

芦の芽のすべて尖りて受難節/長田等

こぼるるは蝶の鱗粉受難節/玉井北男

磔像に受難前夜の春の月/野見山朱鳥

受難節恪印負ひて砂利車/百合山羽公

まろび走す仔豚よ村の受難週/有働亨

俳句例:21句目~

彗星の尾の青白き受難節/澤井益市郎

飲食の火のうらおもて受難節/北光星

パンの耳雀に撒きて受難節/江崎成則

一喝めく同志の別辞受難節/香西照雄

受難図に海光桃の狂ひ咲き/松田/淑

受難節烙印負ひて砂利車/百合山羽公

妹の白きブラウス受難節/中村わさび

捨畑の石のまばらに受難週/中尾杏子

吊されて玉葱芽吹く受難週/中尾杏子

受難節今日の夕映鮮烈に/古賀まり子

眼を一つ神に捧げて受難節/井上純子

糸杉の道はるばると受難節/有馬朗人

緬羊の汚れやすさよ受難節/柴田茫洋

あい嘔の虹欲しき窓受難週/伊丹さち子

受難節天上にあり朝寝せり/百合山羽公

ばらの刺まだ柔らかく受難節/村手圭子

片耳に十字のピアス受難週/杉山三知子

湖べりにさくらつらなり受難週/森澄雄

受難日の烈風蝌蚪の水昏し/小林黒石礁

受難日の接吻海の荒男にて/下村ひろし

俳句例:41句目~

受難週地よりも空に花多し/古賀まり子

受難日のシモンの家に白鶏鳴く/堺信子

受難日や空によぢれて飛行雲/斎藤十象

受難節肉屋の鉤のひとつ空く/山本左門

受難日の静けさに降る桜蕊/秋月すが子

受難節林芽ぐみつ風に鳴る/古賀まり子

腰架の角ならびたり受難節/阿波野青畝

地に群るる嘴鋭き鳥や受難節/馬場駿吉

放ちやる秋蝶ひとつ受難図下/堀口星眠

受難こそわが地の塩よ露微塵/石原八束

貨車の上に黒き雪降る受難節/井沢正江

屑買の屑かがやけり受難週/古賀まり子

降さるる像に額づき受難節/水田むつみ

散り急ぐ桜よ受難週に入る/田川飛旅子

鳶は笛吹かずに舞へり受難節/加藤洋子

花わさび鉄砲水の受難の碑/小山今朝泉

あかつきや受難日の風戸たゝきて/及川貞

ここに立つ受難キリスト葡萄摘/山口青邨

ぼんやりといる草の上受難節/須藤はま子

泥鰌掘る受難イエスのごと汚れ/景山筍吉

俳句例:61句目~

受難の図晩夏の花はかをりなき/堀口星眠

受難図の朱衣がしたたり秋の風/大島民郎

覆はれし受難のイエス雪降れり/大野林火

受難曲満天星の雨しろがねに/古賀まり子

畝を冠とす受難の一路麦は黄に/藤後左右

金雀枝は実となりマタイ受難曲/高沢/忠

受難節薄暮の雪となりにけり/奥野すみ江

受難節鍵穴一つにみな鳴る鍵/平井さち子

土用鰻今日受難日と思ふべし/法本フミ女

坂の上日も暮れがての受難樂/下村ひろし

よこはまを濡れて歩きて受難節/兵野むつみ

受難図の血に来てとまる冬の蝿/冨田みのる

オルガンの黒布ゆゆしや受難節/下村ひろし

受難節ほろほろははな散り初めし/吉本信子

弱きが強きを恕すがお詫び受難節/香西照雄

ものの芽に野の風あらき受難節/古賀まり子

からたちの琥珀ふふめり受難楽/能村登四郎

受難日の絵硝子のほか燭も消え/八牧美喜子

受難節の日矢むらさきに雪の原/鷲谷七菜子

受難図を見て若芝を踏みためらふ/古賀まり子

俳句例:81句目~

受難曲聴く夏座敷開け放ち/宮脇白夜「右近」

十字切つて翔ぶ尾長鳥等よ受難節/石田あき子

恥ずかしそうなノート置かれて受難節/本田ひとみ

タイトルとURLをコピーしました