雨雲を使用した俳句

雨雲に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雨雲を含む俳句例

雨雲やけだし天より郭公/風吟

春蘭や雨雲かむる桜島/秋櫻子

薄墨の雨雲低し青薄/巌谷小波

雨雲の晴れて残りぬ秋の山/我堂

掛稲や雨雲蔽ふ鴻の台/正岡子規

方百里雨雲よせぬ牡丹かな/蕪村

雨雲のひまより欅落葉かな/青畝

雨雲の影神々し傘の下/上島鬼貫

生綿取る雨雲たちぬ生駒山/其角

雨雲の夕栄すなり稲筵/子規句集

西の国より雨雲早し植樹祭/中拓夫

雨雲の風おろしくる蛭蓆/石田波郷

雨雲の足はかりゐる菖蒲引/飴山實

雨雲の切れ間の藍や初嵐/野村喜舟

雨雲にめぐりもあはで夏の月/月渓

雨雲に燕群れけり真昼中/羅蘇山人

盆路の果は雨雲まみれにて/岸田稚

雨雲に紅暈置けり花杏/水原秋桜子

雨雲の奥より日ざし瓢棚/山口恭徳

雨雲をさそふ嵐の幟かな/子規句集

俳句例:21句目~

雨雲や山畑は暗き蜜柑花/内田百間

雨雲に鶏なくや藷植うる/宮林釜村

雨雲の夜空となりつ富士詣/岸田稚

雨雲は山離れゆく花煙草/永方裕子

裏山の雨雲深し鳴く蚯蚓/会津八一

雨雲のどこかが切れて夏燕/山田弘子

雨雲のどこかを渡りゐる冬日/塙告冬

雨雲のよせつゝ凄き火串哉/松瀬青々

雨雲の塔に降り来し練供養/徳岡洋子

雨雲の夜雲となりつお富士講/岸田稚

壺焼や富士に雨雲近づける/五島高資

岨高く雨雲行くや朴の花/水原秋桜子

雨雲の山の端に巻く青林檎/古舘曹人

雨雲の月をかすめし踊かな/正岡子規

雨雲の梅を星とも昼ながら/上島鬼貫

雨雲の梢は奇なりかへり花/黒柳召波

雨雲や巣を塗りそめし岩燕/堀口星眠

芹摘むや雨雲うごき浪うごく/中田剛

蜘蛛の囲や雨雲遠く秋暑し/島田青峰

蝦夷近き雨雲渡る早苗かな/渡辺水巴

俳句例:41句目~

雨雲にこもれる月や実朝忌/高橋馬相

雨雲の去りては到る松の花/平井照敏

雨雲の来ては脚触れ蓮田村/高井北杜

雨雲の烏帽子に動く御祓かな/正岡子規

雨雲に触れなむあたり鮎打てる/岸田稚

雨雲の沖に根付きし大暑かな/青木重行

遠山のさきの雨雲葱づくり/大木あまり

雨雲の春重畳と接木かな/長谷川零餘子

船虫の嫌ふ雨雲沖より湧く/成瀬桜桃子

雨雲に入りては開く花火かな/正岡子規

永き日の雨雲きえぬ二軒茶屋/会津八一

竹煮草雨雲が来て消えてゆく/廣瀬直人

雨雲せまる日まはりのたけ/栗林一石路

蝦夷が近き雨雲渡る早苗かな/渡邊水巴

雨雲のたえまの滝や花の上/楠目橙黄子

雨雲や掘り起されし菖蒲の芽/長谷川櫂

雨雲を捧げきつたる花林檎/長谷川秋子

雨雲を支へて蘆の枯れゆけり/松村蒼石

雨雲姿十五年間動かぬごとし/阿部完市

雨雲のあつまつてくる燕子花/鈴木六林男

俳句例:61句目~

雨雲のからむを摘みて木の芽和/山口青邨

雨雲にかくるゝ富士や南瓜蒔く/古川芋蔓

雨雲に比良聳ちあがり上り簗/鷲谷七菜子

雨雲の切れて日脚の伸びてをり/稲畑汀子

毛虫焼く炎の雨雲にふれにけり/石原舟月

雨雲の切れ間に雪湲見ゆ鶯なく/田中冬二

雨雲のいゆき烈しき田を植うる/有馬朗人

いなづまや雨雲わかるやみのそら/炭太祇

たのみたる雨雲それぬ凌霄花/高橋淡路女

雨雲やほたるぶくろは刈り残す/新井英子

花ミモザ雨雲ながら夜明けたり/宮津昭彦

雨雲に又燃え立ちぬ山躑躅/長谷川かな女

七月のなほ雨雲の船出でゆく/米澤吾亦紅

壬生の鉦雨雲つひに雨こぼす/山田ひろむ

毛虫煙く炎の雨雲にふれにけり/石原舟月

雨雲のひまに仄かに今日の月/福田千栄子

雨雲の須臾にひろがる農の昼寝/榎本冬一郎

雨雲のはしりとぶなり畦を塗る/阿波野青畝

雨雲のいく日下りゐし梨咲けり/野崎田鶴子

雨雲の垂れきたるよりとんどの火/石川桂郎

俳句例:81句目~

向日葵に雨雲それてしまひけり/阿部みどり女

雨雲を角に去なしぬかたつむり/安斎櫻カイ子

雨雲の行くしづかさや梨の花/五十崎古郷句集

雨雲湧く帰雁ぐんぐんぐんぐんと/加藤瑠璃子

羽蟻とんで雨雲寄する日なりけり/菅原師竹句集

タイトルとURLをコピーしました