湧水を使用した俳句

湧水に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

湧水を含む俳句例

比宮の湧き水甘し新松子/森郁代

湧水の楮晒場幣を張る/判治遼子

湧水の川を養ふ寒日和/高澤良一

石縋の湧水さはに心太/山本牧秋

鶯や湧き水自在田を流れ/羽部洞然

湧水の町中ながれ散る柳/水原春郎

湧水の光ちらして四十雀/芝山吉宣

湧水の水輪尽きざり花楓/石橋典子

涼風や湧水のある寺の庭/加藤正子

富士よりの湧水の池種浸す/中拓夫

湧き水の音遠近に散紅葉/下間ノリ

裏白採り湧水絶えし父の山/中拓夫

花筏湧き水の渦移りつつ/高井北杜

探梅や湧水に飼ふ鯉一尾/名和直子

湧水を鈴の音と聞く麓神/伊藤京子

湧水へ鵙一声を放ちけり/舘岡沙緻

湧水につどふ眉白谿の風/吉見京子

湧き水の底の乳いろ山桜/矢島渚男

湧水に砂のぽこぽこ春日中/高澤良一

湧水に芹も強げな茎のいろ/高澤良一

俳句例:21句目~

湧水のすぐにたひらや栗の花/辻桃子

五月富士湧水砂を噴き上ぐる/塚本清

湧水の大円相の淑気かな/竹腰千恵子

湧水の木道に沿ひて杉菜生ふ/麓美奈

湧水の気泡ぴぴぴぴ寒日和/高澤良一

夕凪や湧水靄を生みやまず/高濱年尾

富士山の湧水芽吹き促すよ/高澤良一

湧水の青きひかりや木下闇/阿部三雄

湧水をたっぷり使ふ芋煮会/山田唯見

湧水を双手に掬ふ山法師/中島喜久子

空に鳴る高天彦の冬湧き水/宮岡計次

春近し湧水の藻の真青にも/岸田桂子

桃林の湧き水加へ芹の水/中戸川朝人

湧水の音もかすかに座禅草/小野竹葉

鏡なす湧き水ありて牧閉ざす/森田峠

極月のうぐひす竹田湧水群/黒田杏子

比婆山の湧き水で煮る茸汁/藤崎幸子

水芭蕉讃歌唄うて湧水過ぐ/高澤良一

霜枯の湧水ちちと四十雀/深見けん二

鮠透けり富士湧水を雲流れ/山本陽子

俳句例:41句目~

湧き水に大根ひたすお鷹道/笠井順一

湧き水の真砂のひかり葱洗ふ/原孜志

湧水の光を曳きて川とんぼ/関森勝夫

湧水に洗ふ冬菜の青さかな/中尾桂子

桜桃忌この湧水は飲めません/池田澄子

邂逅の握手湧水いよよ澄む/小野恵美子

郁子熟るや忍野湧水砂あげて/斎藤梅子

今年竹湧水のこゑ放ちけり/鍵和田釉子

冬日宙湧水八重にひらきけり/高澤良一

湧き水の無韻に浮ぶ柚子の花/堀越胡流

寒芹をこづき湧水馳せゆけり/高澤良一

湧水の砂噴きやまぬ神の留守/木内怜子

日中ゆく蝶のうねりを湧水も/高澤良一

春浅きかな湧水の砂けむり/藤田あけ烏

湧水の冬麗の日を織り込めり/高澤良一

湧き水のつぶやきを汲む大旦/若井新一

湧き水のあふるる池も枯の中/栗原稜歩

湧水のほとり灯ともす干菜宿/土屋未知

湧水のひかりへ群れて座禅草/雨宮抱星

湧き水の砂盛り上がる鳥の恋/矢島栄子

俳句例:61句目~

風花や富士湧水は音立てず/栗田やすし

御手洗は富士の湧き水梅ひらく/西脇妙子

楮踏む瀬に湧水のけぶり立つ/馬場移公子

湧き水にぶつかりあひて水馬/金元喜代子

湧水の脈したたかに日の盛り/上野美智子

湧き水の影のゆらめく秋の声/市村究一郎

湧き水に脂ぎつたる鬼やんま/大木あまり

湧き水に突きあたりては蚋交む/宮坂静生

藻草の辺春の湧水ひょっこりと/高澤良一

身を出でし湧水に富士秋澄める/川崎展宏

湧水にミシマバイカモ波打てり/高澤良一

湧き水の辺に分け合へり冬苺/藤田佑美子

湧水のつぶやき聞きに鮎群るる/関森勝夫

夏日透け湧水めくるめく深さ/浅見久美子

若菜摘むほとり湧水ほとばしり/池上けい子

みそさざい天平よりの湧き水に/鈴木しげを

湧き水のまたたき迅し菖蒲の芽/半田あき子

湧き水に引き込まれては花藻かな/長谷川櫂

はつたいや飛騨は湧水こんこんと/染谷彩雲

湧水見てサナエトンボに出会う径/高澤良一

俳句例:81句目~

湧水の砂噴き上げるみどりの夜/水野すみ子

湧き水の輪にのり遊ぶ落葉かな/梶野きぬえ

葉杓子にすくふ湧き水えごの花/桑原かず子

湧き水と見ゆる雨水や山の春/飛鳥田れい無公

さくらしだれ湧水の上に宮を置く/中戸川朝人

湧き水の鱒を飼はしめ田を植ゑしめ/吉田未灰

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました