墓標を使用した俳句

墓標に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

墓標を含む俳句例

椿落つ墓標は寺に骨は野に/林翔

駒鳥や墓標に供ふ山日誌/山田春生

肉声の集まる炎天下の墓標/実籾繁

北壁は墓標か勿れ牧の百合/有働亨

紅枝垂桜を君が墓標とす/下村梅子

原爆忌雲の墓標へ鳩放つ/木田千女

海原は父の墓標や敗戦忌/中村啓輔

椿落ち一つ墓標に父と母/山田弘子

朝つゆに墓標の墨の光かな/森鴎外

いくらでも水吸ふ墓標遠蛙/奈良文夫

冬の霧墓標のやうに風倒木/高橋和子

落人の低き墓標や蕎麦の花/西村牽牛

墓標一基雪と月もて荘厳す/福田蓼汀

徂く春の墓標三汀久米正雄/石塚友二

駅は男たちの墓標にして朧/星永文夫

大露の海見ゆ谷戸の白墓標/石原舟月

夾竹桃南蛮墓標朽ちにけり/小林康治

鳶の笛独活新しき墓標の丈/古舘曹人

文字太き健次の墓標春の雷/斉藤敬子

ボタ山が坑夫の墓標一灯澄む/穴井太

俳句例:21句目~

蟻の列はてなき果に墓標立つ/三谷昭

秋風や墓標にぶなと樅の影/岡田日郎

一本の霧濡れ墓標女たり/文挟夫佐恵

仲遠きかの日墓標と冬鴎/金箱戈止夫

荒ぶるや海も墓標も一言語/折笠美秋

火を噴くは檜の墓標恋人よ/鈴木六林男

浮雲いつかなし雪嶺は墓標群/福田蓼汀

島がみな兵士の墓標桐の花/浅川たか子

夾竹桃咲きて墓標に陰作る/斉藤シゲ子

秋雲離々赤牛を汝が墓標とす/岡田日郎

墓標杉鳥引く空を蔽ひけり/鷲谷七菜子

雪を来て人も墓標も巡礼者/金箱戈止夫

海彦の墓標たつたる曼珠沙華/野中亮介

雪を冠る墓標のごとく湯の猿/松村蒼石

墓標朽ち鮒が殖えゆく風の沼/大井雅人

一本の皇子の墓標よ冬すみれ/深川知子

秋暑し叔父の墓標は見当らず/徳川夢声

冬銀河真つ向に墓標歩かせる/蔦愁花女

秋風やアイヌ墓標の聳り切り/石原八束

自らを墓標となせり砂漠の木/津田清子

俳句例:41句目~

櫨紅葉牛は墓標につながれて/石原八束

原爆忌雲も墓標となりて立つ/野村久子

句碑ひとつ墓標にかはる夕霰/古舘曹人

笹鳴にまたぎて知りし一墓標/加藤楸邨

哀悼の秋風父の句碑子の墓標/岡田日郎

杭に似るアイヌの墓標草の花/新明セツ子

防人の墓標の傾ぐ志賀の島/上之段ヤス子

雲咲く墓標愛語一束ここに埋む/楠本憲吉

ふりむけばたちまちおぼろ一墓標/石寒太

へらおおばこ兵は墓標も整列し/榮水朝夫

兵の墓標幾万芥子にうごく蜘蛛/小池文子

原油まみれの海鵜地球の墓標とも/堀葦男

喪心や海苔しび海の墓標めき/鈴木真砂女

墓標あり同じ暗さに枯木立つ/成瀬正とし

流木はみさきの墓標鶴わたる/三田きえ子

夏すでにベルリンの壁は長い墓標/有働亨

雪が降るわが仮睡なら墓標なら/清水径子

日盛りや墓標となりし影ならぶ/仙田洋子

米をとぐ友の墓標のかぜのなか/奥沢青野

墓標立ち戦場つかのまに移る/石橋辰之助

俳句例:61句目~

翡翆よ白き墓標のあるところ/富澤赤黄男

わが墓標無明の行路のいや果てに/藤木清子

くらげ透く雲を墓標としたる日々/中島斌雄

墓標かなし青鉛筆をなめて書く/鈴木六林男

咎ある愛ここで振り向く虹/墓標/楠本憲吉

永き日はゆらりと胸に立つ墓標/津沢マサ子

猫の恋後夜かけて父の墓標書く/中村草田男

産み月の野鳩をまもる墓域の墓標/高柳重信

墓標目に沁む「くらい秋だねぇ」/大井恒行

処女地の中墓標にあらず妻佇てる/和田悟朗

田の畔に近き墓標やすべりひゆ/磯貝碧蹄館

一墓標あたらし夜鷹鳴き熄まず/小林黒石礁

赤き帆はルオ-の墓標柳絮飛ぶ/佐怒賀正美

赤牛岳を墓標と見ればほととぎす/福田蓼汀

夕焼へ墓標たてもう汗も出ない/鈴木六林男

勿忘草わかものゝ墓標ばかりなり/石田波郷

たくさんの墓標に育てられし秋/津沢マサ子

墓標白しみんみんの丘なだれ合ひ/細川加賀

ぎぼし咲き海霧がむしばむ一墓標/金尾梅の門

柳絮の浪墓標にながれ地にながれ/片山花御史

俳句例:81句目~

また雨のほとけや墓標の文字滲む/八幡城太郎

墓標の前みなうしろむきその背の眼/高柳重信

霜枯るるものなき土砂に墓標立つ/依田由基人

苔に寝て墓標のかたちの光りかな/水野真由美

ピッケルの錆びし墓標や岩枯梗/山田春生「雪山」

涙そうそう墓標の数の風薫る/松田ひろむ「鴎座合同句集翔」

この島に薺の花が咲いている/兵隊の墓標と同じ高さで/中野嘉一

タイトルとURLをコピーしました