岩を使用した俳句

岩に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

岩を含む俳句例

川音す雪代岩皿にのせ/森澄雄

山桑の花咲く頃の岩狩/高野素十

岩陰にかくれて久し岩釣/松本豊

旅人に昨日は岩今日は鮎/森田峠

岩棲む沢音高き禁漁区/宮田俊子

岩焼く泳ぐ形に串刺して/神蔵器

淡雪や岩骨酒二合ほど/田中裕明

岩焼く山国の星瞭かに/西村公鳳

熱燗や炉辺の岩も焼加減/樋笠文

月の出を雪しろ岩箸の尖/佐野美智

岩焼く合掌梁へ煤あげて/小林千草

岩釣石菖深く座を求む/楠目橙黄子

青虫を呑みし岩の脂鮨/高垣美恵子

霧に沈む笠岳岩焼かれゐて/及川貞

見事なる生椎茸に岩添へ/高浜虚子

串伝ふ脂の光り岩焼く/深見けん二

岩釣水濁さずに歩きけり/茨木和生

秋口の雨にぬれたる岩釣/飯田蛇笏

黒椀に岩の酒を廻し呑む/角川照子

奥穂高大雨らしや岩釣る/板谷芳浄

俳句例:21句目~

四国三郎源流近し岩小屋/石原義輝

岩籠どさと置かれて山の影/下田稔

激つ瀬の落合ふ渦や岩釣/湯目孝風

岩棲む上下を断ち地獄溪/福田蓼汀

岩酒酌みし機嫌の安曇節/小林碧郎

高西風に吹かれて飄と岩釣/飯田蛇笏

だんだんと水の高なる岩釣/高澤良一

頼みおきし岩も膳に山の宿/目黒寿子

岩売浮世の秤手にはせる/鈴鹿野風呂

木曽宿や岩を活かす筧水/鈴鹿野風呂

女神川岩栖む香に山を縫ふ/橋本鶏二

花葛の雨に立ち濡れ岩釣/水原秋桜子

炭取とならび老いゆく岩取/加藤楸邨

岩あり酒なき膳の箸を割る/本田一杉

岩焼く短かき刻を待ちにけり/辻桃子

岩ほか御好意の膳余し得ず/石川桂郎

秋つばめ岩の塩のひかるほど/中拓夫

貂を捕る岩一匹がけにして/茨木和生

青翳もたましいも打つ岩挿/山中葛子

戸隠の神の炉に焼く岩かな/宮下翠舟

俳句例:41句目~

ひとすじの煙の青さ岩捕/宇多喜代子

岩焼く塩こぼれけり石の上/堀端蔦花

五月来ぬ岩の錆も磨かれて/小林黒石礁

修行場の岩かげ碧し岩棲む/面地/豊子

二三顆のあけびさげたる岩釣/飯田蛇笏

岩棲む渓流よぎり馬柵はあり/福田蓼汀

岩釣る奥はとざせる沢の雲/水原秋櫻子

岩釣雷除け護符の背にゆれて/白川節子

岳人の朝ひとゝきの岩釣り/望月たかし

峠越すバスにつけたる岩籠/鈴鹿野風呂

川渡る蛇に岩の喰ひつけり/滝沢伊代次

徒渉する腰の高さを岩の斑/伊藤いと子

新月のさすより岩つり惜しむ/飯田蛇笏

横たはる梁やさびゆく串岩/米澤吾亦紅

滝の音岩焼く火の暮れ残り/古賀まり子

石狩の岩を炙る石積めり/長谷川かな女

秋の風岩は串にさゝれけり/大場白水郎

穂高岳真つ向うにして岩釣/石橋辰之助

竹箸に燃えうつる火や岩焼く/橋本鶏二

絶壁に身をへばりつけ岩釣/楠目橙黄子

俳句例:61句目~

自在鉤に吊る蚋いぶし岩小屋/岸原枯泉

百姓のうりに来りし岩かな/吉岡禅寺洞

谷二つ落ち合ふところ岩釣る/高木一水

岩よし白檜の箸よし温泉の宿り/田中冬二

溪流に洩れ日の揺れる岩小屋/由良つや子

岩の瀬すこし上ミ手に山女の瀬/高澤良一

岩つる岸べのよすず実をそめぬ/飯田蛇笏

奥入瀬に岩になりて住みたくて/高木晴子

岩焼く荒塩まんなかから凹む/蓬田紀枝子

岩焼く火のさかんなり瀞の闇/石橋辰之助

岩焼く爐のほとりなる夜の秋/篠田悌二郎

岩焼くうすくれなゐの炭火かな/佐川広治

岩焼き夏炉よごれてゐたりけり/水谷芳子

花もろとも擬宝珠を刻む岩汁/小林黒石礁

何もなきもてなしにとて岩焼く/福田杜仙

岩捕り二人となりし焚火かな/佐野青陽人

よく釣れる岩に峡の昏れてきし/児島倫子

岩釣歯朶の葉揺れに沈み去る/石橋辰之助

みなそこの岩に憂の日もあるや/細谷源二

長梅雨の瀬のさだめなく岩釣/石橋辰之助

俳句例:81句目~

まはりより苔這ひ上り岩小屋/大木格次郎

ひとり酔ふ岩の箸を落としたり/石川桂郎

飛騨山の霊につかれて岩つる/鈴鹿野風呂

さみだれや襦袢をしぼる岩捕り/渡辺水巴

岩焼く炉辺に引き寄せられにけり/鈴木貫一

炉けぶりに伏して岩を焼きゐたり/松藤夏山

岩の斑みどりさす夏来むかへり/千代田葛彦

囲む火に岩を獲たる夜はたのし/石橋辰之助

古るまゝに葛がくれなり岩小屋/水原秋桜子

木がくれに見えて岩のよく釣れる/野村泊月

蚊火消ゆや今宵も岩焼く火見ゆ/石橋辰之助

まれびとにまゐらす酒と瀬の岩/竹中九十九樹

とうさんが岩釣るまで帰れない/こしのゆみこ

タイトルとURLをコピーしました