天神を使用した俳句

天神に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

天神を含む俳句例

二ン月や天神様の梅の花/一茶

金玉天神祭映りそむ/後藤夜半

参道に刃物商ふ天神祭/坂田房子

初天神暁かけて詣で来し/安住敦

雪風や宵天神の橋長く/青水月斗

鬢付けの香も鮮しや天神祭/憲吉

くらやみの船紅や天神祭/金子晉

鉦叩谷保天神の闇深し/宮崎安汀

鉄格子天神祭押しよせる/多佳子

色街に天神在し厄詣/下村ひろし

結納の言葉を選ぶ実南天/神緑郎

天神も鬼人も揃へ花鎮/大屋達治

畑姥も初天神の蜜柑売/大谷句仏

初天神裏に十枚ほど枯田/堀古蝶

亀戸は天神日和藤日和/田中松陽子

長幼の順に天神さま拝す/橋本花風

天神の戰を習ふ將棊かな/正岡子規

参道に競書展あり初天神/佐野克男

受験の子あれば心に初天神/轡田進

命濃き天神花の翳さるる/後藤夜半

俳句例:21句目~

屋根替へて藁天神や花曇/野村泊月

迎へ水打つて天神祭かな/高橋洋志

大阪の川の天神祭りかな/青木月斗

我も又初天神の人となり/工藤隆子

川すぢも川も天神祭の灯/河合正子

米まきに来し天神や初雀/野村喜舟

初天神終へて直会宮の庭/井上光人

初天神絹の匂ひの女かな/柴崎七重

春日傘お初天神通り抜け/前内木耳

高天神城跡全山紅葉して/鈴木里隹

甘酒がバケツに二拝初天神/辻桃子

湯の道も初天神の人通り/岡本松浜

北野天神大服梅の遉かな/飯島晴子

病食に鱧つき天神祭なり/米澤吾亦紅

うぶすなの天神祭とは暑し/後藤夜半

紅すこし初天神といひて濃く/上村占

鷽替へに来て天神の筆を買ふ/橋本博

お初天神菊づくしなる春灯/西本一都

願ひ事二つありけり初天神/薦田伸子

その神楽天神花をかざす由/後藤夜半

俳句例:41句目~

はや茂りみせて天神様の藤/大塚芳恵

初天神兼ねて筆塚供養とよ/石塚友二

初天神易者の見台遠巻きに/脇坂啓子

万灯や終ひ天神にぎやかに/大場活刀

初天神欠けし硯に欠けし墨/草間時彦

嚏して天神の鈴鳴らしけり/林原和枝

天神の早梅真白き花混むよ/高澤良一

御鏡に振る鈴うつり初天神/中田余瓶

天神へ抜け径ありて雀の子/佐野鬼人

宵天神晩学の願ねむごろに/草村素子

岩戸いま開く暁天神楽宿/尾亀清四郎

恋の猫お初天神よぎりけり/山内星水

春立てり天神裏に団子焼く/脇坂啓子

末社にも初天神の人等かな/青山友枝

杖ついて初天神へ一長者/三木彦兵衛

東風吹くと天神様へ申上ぐ/鈴村寿満

潮満ちとどまる天神祭かな/茨木和生

天の神地の神たちに植田澄む/右城暮石

うるほへる天神地祇や春の雨/高浜虚子

うろこ雲天神様の眼がうごく/岡村博子

俳句例:61句目~

筆買うて終ひ天神果たしけり/仁藤稜子

天神の梅に祝詞の出だしかな/高澤良一

初天神黒き運河を越えて来ぬ/村山古郷

天神様の祭銀杏が実を撒ける/臼田亞浪

天の神地の神たちに植田澄む/右城暮石

初天神日当る方に絵馬を吊り/竹田昭子

強風に打ち合ふ絵馬や初天神/沖山政子

寒一と日初天神といふ日あり/後藤夜半

初天神隅田渡りてなほ遠し/高橋淡路女

天神の梅の酸かりし福茶かな/大石悦子

消えがての日陰の雪や初天神/土方花酔

初天神妻が真綿を買ひにけり/草間時彦

蝋梅の香のほどけゐし天神社/濱野ユク

天神の絵馬カラカラと春一番/西前千恵

初天神女ばかりが来てをりぬ/石田郷子

今生に父母なく子なく初天神/菖蒲あや

亀戸の湯屋のけむりや初天神/加藤松薫

天神祭しんどき暑さいたりけり/桜桃子

ふるさとの初天神に詣でけり/橋本花風

鷹柱天神地祇を引き合はす/松本詩葉子

俳句例:81句目~

日おもてに雀群れたり初天神/柴田白葉女

道をしへ天神様のいふとほり/山下かず子

束ねたるまま古書を買ふ初天神/久松久子

鈴の緒がひねもす振られ初天神/品川鈴子

初天神太鼓橋より通りやんせ/百瀬ひろし

初天神友みな遠くなりしかな/星野麦丘人

初天神良き音でるまで鈴振れり/波戸岡旭

天神の梅に謝すこと多々ありて/高澤良一

初天神石の牛にもコイン置く/渡辺満千子

そこそこの梅咲き天神下といふ/行方克巳

手を引かれ初天神へ受験の子/長谷川芳水

わらべうた路地よりきこえ宵天神/宮下翠舟

天神の絵馬にもいろいろありて東風/高澤良一

変へたきうそ替へられぬうそ初天神/小倉陶女

好きやねん天神祭鱧の皮/坪内稔典「百年の家」

涼しさや天神地祇も鶏も/阿波野青畝「紅葉の賀」

タイトルとURLをコピーしました