群青を使用した俳句

群青に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

群青を含む俳句例

底ひなき瀞の群青岩燕/高橋道子

群青の海に櫂漕ぐ冬の夢/妹尾健

冬波の古代群青の水かゞみ/齋藤玄

双つ峰群青に暮れ橋涼み/沖山政子

桜鯛猛き群青鰭に秘め/神尾久美子

群青のすぢひいて雉翔りけり/林徹

群青をぬけ白鳥の白きわむ/蔵巨水

白に群青の息残りたり/宇多喜代子

群青の乳房盛り上げ夏岬/高橋悦男

群青に川の流るる桜かな/野村喜舟

阿夫利嶺の空群青に鯉幟/三橋喜代

群青を岩にぶつつけ秋の水/小坏健水

初弥撒や群青の馬の充ち来よ/山本掌

群青の氷河湖見えて夏木立/中村昌恵

曼荼羅の群青涼し芦峅寺/新保ふじ子

月凍つる群青の村その下に/岡田順子

群青の空の戻りて小鳥来る/田畑由子

破れ障子から群青の東京湾/櫂未知子

群青の海と照り合ふ椿山/野間喜代子

群青に雲刷く朱夏の国大和/太田鴻村

俳句例:21句目~

群青を恋ひ一月の船にあり/友岡子郷

群青抜けば立枯れの幹濃紫/香西照雄

霧を来ていま群青の登山隊/篠田悦子

群青の秋見ていたり赤ん坊/津沢マサ子

群青の空ひるがへし海女潜く/堀/康代

群青の空抜けられず岩つばめ/鈴木正子

群青へ滝こそひびけ喜雨亭忌/矢野聖峰

群青をなほ染め上げし冬の海/山岡正嗣

帯締めを群青にきめ花を見に/伊藤敬子

天に劇場ありK百番は群青/前田圭衛子

額づきし草城の墓碑冬群青/山本つぼみ

草矢飛ぶ群青界を突き抜けて/山内遊糸

見上ぐれば五十億年の群青や/冨岡和秀

秋暑き洲に群青の川ひとすぢ/松村蒼石

群青の空あたたかに波郷の忌/石塚友二

八月ちりぢり逃げて逃げて群青/森田緑郎

瀧落ちて群青世界とゞろけり/水原秋櫻子

群青の空張る池塘ゐもり浮く/近藤/暁代

群青が満ちてひとりの刻揺るる/大西泰世

群青のあやめや蝶を炎えたたす/萩原麦草

俳句例:41句目~

群青の毛布の時化てをりにけり/櫂未知子

海霧透きて波の群青よみがへる/仙田洋子

群青といふ名の囀りを聞いてゐし/安東次男

臭木の実群青といひ瑠璃といひ/佐々木六戈

群青をゆたかに溶かし光琳忌/高浜虚子「虚子全集」

タイトルとURLをコピーしました