空家を使用した俳句

空家に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

空家を含む俳句例

空家や孕雀の夕稼/正岡子規

叢に鬼灯青き空家かな/正岡子規

つぎ~に建ちて空家や草の花/松浜

掛乞や空家の多き士族町/内田百間

竹垣に蕣の咲く空家かな/正岡子規

空屋敷凡そ百本の柿熟す/子規句集

空家のたなに残るや唐がらし/梅室

曇天に花は溢れて空家かな/柿本多映

空家から紫木蓮という合図/楯ひろこ

鼠老いて蝙蝠となる空屋哉/正岡子規

空き家に戻らず秋祭の夜も/茨木和生

冬来る空家が先に囲はれて/鳥島久子

唐辛空家の庭は荒れにけり/尾崎紅葉

無住寺の隣の空家龍の玉/大峯あきら

小春日の空家の椽に燐寸哉/内田百間

箱庭のとはの空家の涼しさよ/京極杞陽

鍛冶町に空家が目立ち燕の子/本間一萍

ふらここに小供集る空家かな/会津八一

鷹の空屋台で石と火を曳いて/柚木紀子

姿見に蝶の来てゐる空家かな/柿本多映

俳句例:21句目~

小火跡の良夜の空家匂ひいづ/福海一幹

晩春は空家に似たり獏とねて/安井浩司

犬蓼や空家を覗く刃物売り/鈴木八駛郎

笹鳴や峡に空家の又ひとつ/空林美恵子

柿落葉実をもぐ人もなき空家/松尾千代子

斜交いも裏も空家となり日永/小野富美子

空き家の方へまつすぐ地蜂去る/茨木和生

叟もし向き合えるふたつの空家/安井浩司

叟もし向き合えるふたつの空家/安井浩司

遠い空家に灰満つ必死に交む貝/安井浩司

流連や空き家にみだす海雲かな/加藤郁乎

顔消えて空家がふえる春の霧/堀之内長一

末枯るる空家まだゐる牛の顔/加藤知世子

かたつむり常の身を出す空屋かな/攝津幸彦

ひおうぎや空屋に咲くは神のもの/美崎一子

まだ借手つかぬ空家の棕櫚咲けり/高澤良一

田にいただく望月のほかみな空家/清水径子

空き家となりたる寒さ踏み鳴らす/右城暮石

名なき背に混みあう空家の青い石/赤尾兜子

機女去にし空家ばかりや散る柳/大須賀乙字

俳句例:41句目~

汽車が過ぎ秋の魔が過ぐ空家かな/寺山修司

アンドロメダ忌空屋の電話鳴りにけり/関悦史

山中に空家の並ぶ竹の花/福田甲子雄「山の風」

またもとの空家となりておぼろなり/黒坂紫陽子

藜長く空家のままの我が生家/棚山波朗「料峭」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました