一湾を使用した俳句

一湾に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一湾を含む俳句例

一湾を溢るる潮袋掛/稲井優樹

一湾が即ち生簀鯨追ふ/平田冬か

一湾に光あまねし花菫/市堀玉宗

一湾の眺めを肴年忘れ/佐藤鬼房

一湾の緑薄刃なす東風の波/耕二

一湾の潮曇りや神渡/由木みのる

一湾は鏡の如し盆の月/坂口夢塔

一湾の昃れば冬近しとも/押谷隆

一湾をたあんと開く猟銃音/誓子

一湾をあふれて沖へ鰯雲/妙中/正

一湾の春まだ遠き虎落笛/富安風生

一湾の白浪綴る淑気かな/中村堯子

一湾の鏡びかりに秋高し/池田秀水

一湾の船出尽して藤の昼/茂里正治

一湾の汐満ちてきし雨蛙/矢部八重

一湾の波静かなり新松子/武藤美代

海女潜る間も一湾の風ひかる/呆介

一湾や二つの鳰のゐるばかり/洗耳

一湾の潮に沁みて秋の天/松村蒼石

一湾の燦爛として海豚狩/和田祥子

俳句例:21句目~

穏やかな一湾迫る蜜柑山/辻恵美子

一湾の光束ねて柳葉干す/南たい子

星窪と言ふ一湾の星月夜/古川俊六

一湾の闇を漁る花火かな/志麻/茜

一湾の夜汐を灯す魂送り/渡部北里

一湾を見下ろす宿や寒椿/成田久郎

一湾の日を曳航の初荷船/木内彰志

初凪の一湾海の門まで見ゆ/山口誓子

半島のだく一湾の鰤場かな/高木一水

一夜さに出水一湾濁したり/千田一路

水貝や一湾窓にかくれなし/浦野芳南

海胆漁の一湾舟を傾けぬ/金箱戈止夫

一湾に四国の浮ぶ小春かな/麻生良昭

一湾に暮色ただよふ懸煙草/渡会昌広

満ち潮の一湾に聳つ雲の蜂/田中英子

白い帆の傾ぎ一湾秋に入る/池田秀水

秋富士が立つ一湾の凪畳/上田五千石

聖堂を芯に一湾冬凪げり/下村ひろし

一湾のひかりに育つ新松子/福川悠子

鰤船に一湾ゆらぐ能登の暁/日阪昌子

俳句例:41句目~

一湾の一島膨らむ良夜かな/内藤/繁

一湾の凍て浪音を封じけり/大島早苗

一湾の月下なりけり夜光虫/中島斌雄

一湾の残る寒さを抱きをり/山田弘子

一湾の気色だちをり鰤起し/宮下翠舟

一湾の波の照り込む紅葉山/児玉南草

一湾の眠るがごとき牡蠣筏/井上静子

一湾に雲の重たき針供養/荒井千佐代

一湾の縁のかなしみ夜光虫/鷹羽狩行

一湾の縁薄刃なす東風の波/福永耕二

一湾の藍きらめけり植樹祭/上野澄江

一湾の風となりゆく尾白鷲/市村正之

一湾は母のまたたき鳥帰る/桧垣くみ

一湾へ花火の傘を広げたる/山下孝子

一湾も君も眠れり寒茜/阿部みどり女

一湾の雨のこりたる桔梗かな/宮坂静生

オブラート照りの一湾鳥帰る/山本長子

一湾の窪みは鴨をもて埋む/山崎みのる

一湾に卯波をあつめ舟着けり/佐川広治

一湾に灯の橋架かる西東忌/三田きえ子

俳句例:61句目~

一湾に雨を呼び込む浜おもと/高澤良一

一湾のきらめきが追ふ遠泳子/鎌倉佐弓

一湾のしろがねの夕麦を焼く/堀口星眠

一湾のヨツト空より舞ひ降りし/大串章

一湾や吹きをさまりて月の鴨/田村木国

一湾の明るき虹に汝を葬る/榎本冬一郎

一湾の明けゆく光り芭蕉祭/柴田白葉女

一湾を日照雨駆け去る花蜜柑/増田富子

一湾の底知り尽し海胆を突く/菅原湖舟

一湾を揉めり冬浪押し寄せて/茨木和生

夏あかつき一湾は私書箱のよう/清水伶

一湾は卑弥呼の鏡穂孕みに/白石みずき

永く憩ふ一湾越ゆる揚羽にて/三橋鷹女

一湾の灯の弓なりに厄日くる/玉垣咲良

一湾の真帆見てをりぬ福寿草/小澤克己

一湾の伊根の舟屋の雛の灯/久胡さわ子

避暑の荷や一湾こゆる船の上/尾崎迷堂

雨あとの一湾うるむ烏賊釣火/宮井京子

雪吊や一湾涛の立ちどほし/田比奈迪子

一湾の潮しづもるきりぎりす/山口誓子

俳句例:81句目~

一湾をヨットの占むる安息日/荒井千佐代

一湾の弓なりに夏惜しみけり/片山由美子

一湾の涅槃ぐもりといふべきか/鷹羽狩行

一湾の虹のかけらとなつてゐし/菅原鬨也

一湾は花菜のひかり湧くごとし/金井暎子

一湾を見せず卯の花腐しかな/片山由美子

五位鷺くだる一湾の藍山ざくら/石原舟月

えり挿して一湾の春定まりぬ/伊藤いと子

一湾をよぎるカッター青檸檬/池内けい吾

野遊びのため一湾をよぎり来し/鷹羽狩行

夜は秋の一湾の灯を身にあびつ/巌谷小波

一湾の凍てて帆のなき舟ばかり/田中早月

木枯の一湾は灯の吹き溜り/佐々木踏青子

黒南風の一湾を航きかくれなし/行方克己

一島を抱く一湾のはつざくら/鍵和田ゆう子

一湾の牡蛎田夕日に染まりおり/伊藤ひで子

タイトルとURLをコピーしました