種火を使用した俳句

種火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

種火を含む俳句例

春闌けて種火や人は人囲ふ/上田玄

隣より種火貰ひて芋煮会/篠田悦子

寒椿種火のやうに一花づつ/朝倉和江

浴室に種火むらさき春霙/山下知津子

鶏頭の炎えて種火となる夕べ/加藤汀

凍焦土種火のごとく家灯る/下村ひろし

山夜明掻けば夏炉に種火あり/岡田日郎

杉の葉の種火はじけし牡丹焚/金子知代

磯かまど種火を残し海女潜る/大口蘇峰

立春の身の内種火点りけり/阿久沢双樹

鮑海女種火のこして出てゆきぬ/下田稔

鵜篝の種火の立ちぬ岸の闇/吉田ひろし

去りゆきし春を種火のごと思ふ/藤田湘子

あしたへの種火がほどの螢火や/平井さち子

枯鶏頭種火のごとき朱をのこす/馬場移公子

爐話の種火をいぢりすぎるなよ/佐々木六戈

畦焼くと大き種火を提げ来たる/保科次ね子

火おんどりの種火にからむ火取虫/亀井しげ子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました