遠嶺を使用した俳句

遠嶺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遠嶺を含む俳句例

白薔薇一輪遠嶺発行所/小澤克己

法師蝉杉間に蒼む空遠嶺/石昌子

紅葉寒遠嶺の日ざし吾に来ず/綾子

白菊に八方澄める遠嶺かな/石昌子

遠嶺より追風青葉若葉風/小出秋光

遠嶺より雨匂ひだす水芭蕉/堺信子

六月の遠嶺引き寄せ方位盤/今井嘉子

遠嶺から日癖の風や達磨市/林青芒子

蜩や遠嶺々浮かめ曉の色/松根東洋城

蘆刈の置きのこしたる遠嶺かな/鶏二

北空の遠嶺けふ澄み達谷忌/矢島房利

初雪の遠嶺へ高き操車音/鳥居おさむ

初東風や雪清浄の遠嶺より/室積徂春

緬羊舎雪の遠嶺に扉を開く/福田蓼汀

光なき遠嶺の紺や十二月/大岳水一路

深秋の雄心ひとり遠嶺越ゆ/木村敏男

片栗の花咲き遠嶺雪きゆる/松村蒼石

新墾山遠嶺をつなぎ光る風/成田千空

遠嶺より鬣を振り野分来る/小林康治

遠嶺より霜の強さを掴みだす/松澤昭

俳句例:21句目~

遠嶺白野兔ももう冬毛なる/依田明倫

初春の日ざし見えゐる遠嶺雪/河野南畦

秋草に埋もれて低き遠嶺かな/島田青峰

笛吹いて了る童話よ遠嶺に雪/大嶽青児

桑もゆれ遠嶺もゆれて桑車/岡本まち子

独活掘るや遠嶺に消えぬ雪の道/中拓夫

沈む星遠嶺に冴ゆる燈と並ぶ/宮津昭彦

夏惜しむ目を細めよと遠嶺雲/鈴木鷹夫

遠嶺いま蒼し梵天発つかまへ/柏山照空

花林檎遠嶺恋する彩にかな/高山まどか

子供の日薄紅色に遠嶺暮る/福田甲子雄

竜胆やかがめば遠嶺も草の丈/花田春兆

むらさきに遠嶺かがやき寒晒/鈴木虚峰

芒闌けこだまが遠嶺より返る/河野南畦

遠嶺の如死遠し厚朴の緑かげ/石田波郷

遠嶺の晴れて風寄す稲架襖/工藤たみ江

遠嶺まだ闇をはなさず漁始/山崎冨美子

紙の里遠嶺の雪解やさしくす/河野南畦

遠嶺より日あたつてくる鴨の水/桂信子

遠嶺より日差伸び来る葡萄棚/橋本榮治

俳句例:41句目~

菜種蒔く遠嶺の没日仰ぎ見ず/寺田木公

林檎の実赤し遠嶺に雪を待たず/大串章

田水沸く遠嶺雲を育てつつ/米沢吾亦紅

遠嶺まで風透きとほり青葡萄/吉田保子

遠嶺斑雪夕鶴は声やはらかに/神尾季羊

遠嶺濃し藁塚のいと眠たげな/森戸光子

遠嶺発つ冬の薄日に姉の葬/相原左義長

伊勢海老の髭を雲ゆく遠嶺晴/小澤克己

雛菊に遠嶺の虹のしばらくは/鷲見鈴子

麻刈りて稲妻かかる遠嶺かな/橋本鶏二

さだかなる遠嶺の高さ落葉踏む/橋本鶏二

カンナの黄雲は遠嶺の裏に棲む/奥野久之

一位の実ふくみ遠嶺のよく見ゆる/大串章

一位の実甘し遠嶺の霧を見る/野見山朱鳥

遠嶺みなよき名山葵の水はしる/平田笙子

遠嶺星涼し父母ゐる昂りに/鍵和田ゆう子

遠嶺も晴いく畑となく藷掘られ/古沢太穂

初大師遠嶺より享く日のぬくし/吉岡道夫

初秋はうすむらさきの遠嶺かな/豊田都峰

卒業歌遠嶺のみ見ること止めむ/寺山修司

俳句例:61句目~

吹き晴れし遠嶺を指して鳥帰る/鈴木英女

夏期講座窓の遠嶺を見てゐたり/戸川稲村

夏風邪の長びいてゐし遠嶺かな/綾部仁喜

手袋をまだ脱がずゐる遠嶺かな/綾部仁喜

春雪の遠嶺つらなる母子の旅/柴田白葉女

桃畑に糞りて遠嶺を見はるかす/奈良文夫

勝独楽も遠嶺も肩をあげにけり/大嶽青児

野焼後の遠嶺は肩を寄せ合へり/館岡沙緻

芦刈の置きのこしたる遠嶺かな/橋本鶏二

雪千々の遠嶺暮れゆく母の忌も/堀口星眠

雪渓の遠嶺そびらに天守立つ/広田恵美子

餅花をつくる遠嶺のよく見えて/佐川広治

馬上の子に遠嶺ふくらむ裸の雲/飯田龍太

蒟蒻を掘り散らしたる遠嶺かな/古舘曹人

水飲めば生きたかりけり遠嶺の雪/川口重美

みづいろの遠嶺入れたり春日傘/山本千恵子

葱掘るやしんしん吹雪く遠嶺どち/吉田未灰

遠嶺新雪すぐ旅立てる世ではない/秋庭俊彦

遠嶺みな雲にかしづく厄日かな/上田五千石

のこる鴨肥えて遠嶺のかすみけり/山本古瓢

俳句例:81句目~

しばらくは遠嶺あかるし黐の花/柴田白葉女

扇風機の羽根透き遠嶺ゆらぐなり/松田多朗

雉子鳴くや遠嶺は雪を被きたる/井杉恵美子

コスモスに遠嶺を入れて娘を写す/横山房子

よべ月をあげし遠嶺の名を問ふも/山田弘子

黐の花しばらく遠嶺あかるくて/柴田白葉女

木瓜咲けば遠嶺も春にかへりけり/石橋辰之助

樹氷ぱりぱり触れてのぼりぬ遠嶺見に/及川貞

まなじりと遠嶺かかはり合ふ寒気/水谷キミエ

ふぢばかま遠嶺は雨にけむりをり/古谷のぶ子

種おろし遠嶺しぐれのうつるころ/福田甲子雄

プラタナス咲いて遠嶺のやさしかり/椎橋清翠

遠嶺もう雪肌理のこまかい対話で旅/楠本憲吉

遠嶺斑雪シヨートケーキの角くずす/田村みや子

マスクしてけふの遠嶺の雪に会ふ/五十崎古郷句集

コスモスや遠嶺は暮るゝむらさきに/五十崎古郷句集

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました