指先を使用した俳句

指先に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

指先を含む俳句例

菊菜摘む指先にふれ初氷/篠原

初みくじ開くり指先に/小松和子

口紅を指先で溶く初鏡/中村恭子

指先は私の岬小鳥くる/坂本俊子

指先に蟻昂らせ亡国論/赤尾恵以

指先の光を感じ寒稽古/渡辺和弘

指先に幼年の耀り屋上園/伊丹公子

指先に移り香淡し茗荷竹/福島はま

指先の影に秋立つ弥勒仏/中村房子

指先に熱き記憶の焚火の輪/林三郎

風の盆踊る指先星に触れ/小森夕峰

指先の出し手袋の暦売り/今泉貞鳳

海光を指先に摘む一番茶/増田富子

指先も宝石も冷え摩天楼/仙田洋子

あやとりの指先崩れ白昼夢/玖保律子

指先で覚めよと起し仏の座/笠間文子

釣糸を投げる指先より白夜/対馬康子

霜晴や棘の指先血がぽつん/奈良文夫

風の日の指先赤く大根干す/合田涼子

指先にたゆたふ日影菊根分/寺元岑詩

俳句例:21句目~

指先にのせて釣舟草を見る/小路紫峡

指先に夢の抜け行く昼寝覚/木島斗川

指先に春燈あつめ綴れ織/佐々木良子

指先に神の領分すだち搾る/石田順久

指先の血の玉なすも水の秋/池田澄子

手綱持つ指先痛し寒の朝/角/ともい

指先の水にしびれし種選み/若井新一

公傷の指先とほく鶴凍てし/細谷源二

指先を流るゝ如し種を蒔く/野村泊月

時雨るるや指先で持つ油罎/北野民夫

墓参り指さき熱き石の文字/大谷美入

汐の香のまだ指先に残る春/中村苑子

点字読む夫の指先初明り/加藤美枝子

熱燗を置くや指先耳に当て/吉屋信子

意志伝へくれぬ指先悴みて/稲畑汀子

空も枯野わが合掌の指先に/古舘曹人

米一合磨ぐ指先や今朝の冬/田中/愛

指先でほぐす土の香春深し/中村亘子

指先で帽子をあみだ桃の花/川崎展宏

蜻蛉呼ぶ子の指先に風通ふ/伊藤京子

俳句例:41句目~

指先のよく利く日なり枯芙蓉/村沢夏風

指先のペンペン草の音聞けり/小山篤子

しあわせを拾う指先からも風/大西泰世

なめらかに指先たもち寒の入り/井上雪

ぬくもりて来し指先や福寿草/草間時彦

甘茶仏指先欠けてゐたりけり/川澄祐勝

指先に睡魔ふくらむ大暑かな/谷口桂子

指先のしなといふもの阿波踊/上崎暮潮

指先の冬日逃げゆく嵯峨野径/谷口桂子

マスカツトむく指先で聞く話/千原叡子

花なづな母の指先いつも濡れ/小島花枝

写真師の指先焦けて日永かな/久米正雄

花胡瓜指先ほどの実をつけて/福川悠子

若草を摘む指先のみどりなる/三好菊枝

遠足の子の指先に湖がある/吉田かよ子

待春の指先にのす弥次郎兵衛/加藤耕子

三脚を据えし指先リラの冷え/浅井通江

蕨摘む指先に日の濃くなりて/橋本榮治

指先で薔薇枯れていく仮眠室/対馬康子

指先で触る冬蜂の生きてをり/古川充子

俳句例:61句目~

蟇が居て愕きし血が指先へ/田川飛旅子

指先にこころをあつめ種を蒔く/上村占

指先の銀はつぶせし紙のもの/品川鈴子

指先に摘みし名残や花山椒/谷村喜美子

指先にメンソールの香虫の闇/廣海道士

指先に止まる幸せバラの刺/小笠原慶子

指先をくの字に曲げて水の秋/対馬康子

鈴の音を指先に聴く秋遍路/瀬戸内敬舟

指先につまみ点して蛍売る/深見けん二

指先を耳朶であたため梅若忌/西田/孝

鰯裂くに指先二本安房育ち/鈴木真砂女

柿を剥く指先柿になりきつて/高橋悦男

指先のふるるにかくれ草の花/井沢正江

火葬場の鳩がついばむ喪の指先/穴井太

こうして病いが玉子をむく指先/住宅顕信

チェリストの指先つよし室の花/弥永信子

指先が火噴く早さの牡蠣割女/能村登四郎

指先にきてほうたるの息が見ゆ/森てふ子

指先を枯野にあてて恋ひやまず/仙田洋子

指先に風の離れぬ野びる摘む/角田よし子

俳句例:81句目~

藁駒が夜なべの指先からうまる/藤岡筑邨

指先に痩身触れぬ余花の冷/阿部みどり女

糊細工に指先こはし暮の秋/長谷川かな女

赤ん坊に指先噛ます二日かな/加藤かな文

指先にはまなすの刺異教徒にて/川崎展宏

指先に露のとびつく菜を間引く/黒河如水

指先にまつはる雨の萵苣を欠く/金本昌永

菊活ける妹の指先ひそかに勁し/桜井博道

きぬかつぎ指先立てて食うべけり/草間時彦

ほうたるの濡れし重みを指先に/村山砂田男

ほとけのざ摘んで指先ねむくせり/一瀬信子

地下足袋に指先つめて冬菜洗ふ/沖田佐久子

干たしかめる漁婦の指先光あつめ/伊丹公子

指先より何か逃げゆく蚯蚓鳴く/沖田佐久子

スヰートピー指先をもて愛さるゝ/岸風三樓

指先にのせても蝌蚪の尾を振りて/京極杞陽

長き夜のを指先で拭く酒のしみ/中村真一郎

夜のカンナ指先のちから文字となす/桜井博道

烏賊に触るゝ指先や春行くこゝろ/中塚一碧樓

人/出合い人/別かれ指先きによもぎの香/折笠美秋

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました