木偶(姫)を使用した俳句

木偶(姫)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

木偶(姫)を含む俳句例

近松忌重い遊女の木偶頭/浜垣和子

一息に魂を入れ木偶廻し/有馬朗人

初泣は木偶の巡礼歌の段/尾形柿園

木偶倉に頭目をむく日雷/平賀扶人

首垂れて春待つ木偶の並びたり/柏禎

からくりの木偶翻る花の山/加藤耕子

春雷に眼くらりと娘木偶/井口弥江子

阿波木偶の錦繍纏ふ菊日和/堀北久子

芽柳や三春の里の木偶張子/天野英子

木の葉髪生涯木偶の足使ふ/稲荷島人

綿入のそれも金襴安乗木偶/斎藤夏風

木偶にいま魂入りて初芝居/品川鈴子

梟や竹の木偶泣く裏に啼く/吉田紫乃

倉一つ残れる木偶座近松忌/森岡花雷

木偶の抜く段平涼し文弥節/高澤良一

彼岸寒真綿にくるむ木偶頭/後藤春子

木偶人形吊らる深秋楽屋裏/谷中隆子

木偶鴨を積み枯菰へ投げ碇/木村蕪城

風花やかのこの朽ちし娘木偶/各村英子

工房の木偶おろおろと花の塵/古舘曹人

俳句例:21句目~

駘蕩や木偶の坊にはまだ遠し/平吹史子

鳥雲に腕あげて木偶哭きにけり/大串章

春宵や木偶が眉上げもの申す/那須淳男

木偶の目の夜は金色に木枯吹く/桂信子

木偶の眉愚かに太し小鳥引く/鈴木節子

青嵐吊るされ木偶の踊り出す/小原樗才

五月雨や息交すかに木偶並び/植田桂子

木偶宿の踏み減る框寒の木瓜/加藤耕子

木偶鴨の畦にならびし佛生会/関戸靖子

油まじ安乗木偶倉閉ざしをり/美野節子

古木偶のざんばら髪や藍の花/吉田汀史

秋風裡子等の操る木偶が泣く/山本孝子

虎落笛木偶人形の口開いて/山本やす子

遠雷や木偶のからくり竹と紐/那須淳男

壁に吊る木偶の手足や冬薔薇/太平栄子

鈴懸の花などしらぬ木偶の耳/宮崎重作

雁首を回し切れない木偶人形/関根瞬泡

安乗木偶無月の闇のむしろ席/桜井勝子

頭師の秋日の膝の木偶入魂/文挟夫佐恵

寒四郎目玉の動く木偶吊られ/後藤綾子

俳句例:41句目~

望更けぬ灯を納めたる木偶芝居/澤田緑生

こぼれ灯の年守る灯かも木偶館/石原義輝

そら泣きの木偶の衣擦れ雁来紅/上窪則子

阿波に来て木偶と踊れり年の暮/後藤春子

ひんここ祭木偶の農衣の草木染/近藤一鴻

木偶抱いて出を待つ黒子十八夜/櫻井幹郎

ユリの木の皆落葉して木偶の坊/高澤良一

望の夜の波音に舞ふ安乗木偶/山下千代子

冬のバラ木偶のお弓は紅ふふみ/高井北杜

義太夫に木偶を泣かせて女正月/那須淳男

動かざる木偶怖ろしや黴の香も/手島靖一

海苔掻女夜は文弥の木偶使ふ/数馬あさじ

濃あぢさゐ巡礼木偶の腕で泣く/谷中隆子

白山の雪が舞ひくる木偶廻し/古賀まり子

木偶えらぶ軒や梅咲く木曾路口/桂樟蹊子

安乗木偶月に貌上げ泣きにけり/西山満寿

安乗海女待宵を来て木偶に泣く/佐野美智

木偶鴨に鴫か千鳥か鳴いてゐる/木村蕪城

木偶生きて寒の舞台をうち鳴らす/辻桃子

春惜しむ頭の大き阿波の木偶/小島美恵子

俳句例:61句目~

殺されし木偶が寝てゐる秋の昼/吉田汀史

顔見世や口上木偶の咳ばらひ/水原秋櫻子

飛騨に春からくり木偶の宙返り/服部一放

木偶のごと夏掛まとひ眠りけり/池上澄子

魂抜けし木偶相寄りて梅雨の壁/大東晶子

子供等に腰やゝかゞめ木偶廻し/高橋淡路女

永き日の木偶舌出して見せにけり/細川加賀

短夜の木偶ははたりとまぶた閉づ/青木洋子

二ン月や木偶師の五指の爪つぶれ/高井北杜

蒸せる夜の血走る眼してお弓木偶/高井北杜

虫干の木偶たはむれに泣かせけり/西村梛子

行く春の阿波にかかれる木偶芝居/尾形柿園

農夫の手木偶にやさしや蝶の昼/成瀬櫻桃子

遠くなるものに古佐渡の木偶廻し/北島翠山

木偶始かんざし抜けるまで泣けり/山口誓子

からくりの木偶動きさう新樹光/梶田ふじ子

木偶鴨の眼のかなしくて雪降れり/関戸靖子

やませ風吹けば目つむる木偶の首/石原君代

木偶鴨の眼ひらきしまま流れ寄る/関戸靖子

冷まじや虫に食はれし木偶の首/落合ひろ恵

俳句例:81句目~

古木偶のまなこの寂とひるざくら/吉田汀史

昼顔や木偶にはらわたなかりける/斎藤梅子

吊られある木偶も秋意の息を吐く/名越奈緒

鬼木偶の寄り目にとほき桃霞/鍵和田ゆう子

魂抜けし木偶の吊らるる後の月/山下千代子

哭く木偶に婆のつれ泣き村芝居/岡部六弥太

魂抜けの木偶の垂れゐる秋暑かな/牧川昌子

阿波木偶の眉はね春を惜しむかな/後藤軒太郎

木偶の瞳と向き合ひ居れば秋の声/大和田享子

抱きあげし木偶ひと泣かせして曝す/水谷岩雄

日もめっきり春めき並木の木偶ノ坊/高澤良一

木偶の眼のかたりとねむる寒夜かな/郡司正勝

髪ふりみださせ木偶を手先に傀儡師/中村草田男

小屋入りや田植了へ来し木偶つかひ/小澤満佐子

たましひの抜けたる木偶となりにけり/角川春樹

木偶倉に木偶の目を剥く日雷/平賀扶人「風知草」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました