ひねもすを使用した俳句

ひねもすに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ひねもすを含む俳句例

祭髪結うてひねもす厨事/転馬嘉子

普門品ひねもす雨の櫻かな/泉鏡花

春の雲眺めひねもす玻璃戸中/茅舎

春の海ひねもすのたり~かな/蕪村

市中にひねもす動く柳哉/正岡子規

散る花とひねもす電気鋸と/永井龍男

花筏ひねもす掬う水車かな/佐藤清子

竹の風ひねもすさわぐ春日かな/犀星

ひねもすを本に嵌りて霾や/五島高資

唐臼のひねもす響き雪の宿/藤井君江

ひねもすの山垣曇り稲の花/芝不器男

囀りの擬音ひねもす峠茶屋/田中政子

ひねもすを鴨の空声先んずる/齋藤玄

ひねもす曇り浪音の力かな/尾崎放哉

短日の曲馬ひねもす楽同じ/中杉隆世

法師蝉ひねもす西郷終焉地/野上水穂

寒雲のひねもす坐る峡の空/木下夕爾

群雀ひねもす風とたはむるる/角谷昌子

翡翠やひねもす一二三の淵/東洋城千句

ひねもすと百歳の叔母春炬燵/八木政子

俳句例:21句目~

ひねもすに春の石田を田打哉/松瀬青々

草の戸やひねもす深き苔の露/正岡子規

蝉しきり病臥ひねもす松の幹/河野南畦

追羽子にひねもす筑波濃かりけり/原裕

ひねもすの牡丹の日の沈む園/後藤夜半

郭公やひねもす冨士に冠雲/篠田悌二郎

冬の雨ひねもす暗き小家かな/星野麦人

ひねもすの雨の育てし菖蒲の芽/竹田節

恋重荷今日もひねもす爪を研ぐ/山本掌

日曜の教師ひねもす木の芽風/木村蕪城

ひねもすや御濠に灑ぐ秋の雨/内田百間

ひねもすや遠山かくす干蒲団/鈴木花蓑

枯篠にひねもす東京湾の照り/高澤良一

棕梠の冬ひねもす窓に顔を置く/三谷昭

ひねもすを御用納の大焚火/今井つる女

ひねもすを怠けごころや千日草/北村保

氷屋やひねもす路地の空車/島村元句集

菱採にひねもす鳥の渡りけり/後藤暮汀

ひねもすを雲雀があがり青畳/細川加賀

秋蒔にひねもす薄日奥吉野/大峯あきら

俳句例:41句目~

お降りや来し方思へとてひねもす/及川貞

日雀鳴くひねもす木曽の青の中/矢島渚男

兼山の忌なりひねもす虎落笛/谷本とさを

ひねもすの時雨をめでて妻とある/上村占

海の日をひねもす浴びて岬大根/木村速子

日氷ひねもす狂人を友豚を友/八木三日女

ひねもすの雨に籠りぬ水草生ふ/高濱年尾

七面鳥ひねもす怒り四月馬鹿/伊丹三樹彦

蛾はひねもす伏せりさびしき神の前/林翔

葉桜や石工ひねもす墓石彫る/大和田亨子

巣立鳥ひねもす雲のいらだてる/加藤楸邨

黙る木に隣りひねもす囀る木/尾開くに子

ひねもすを猫に添寝の小春かな/小川胡蝶

月山のひねもす見ゆる蝗とり/飯塚田鶴子

花馬酔木ひねもすこぼれ彌山口/古舘曹人

初不動ひねもす山のよく晴れて/田口秀子

不盡山をひねもすめくる吹雪哉/正岡子規

花の奥ひねもす雷に暮れにけり/吉田冬葉

嶺屏風ひねもす立てて夏蚕飼ふ/細井みち

棕櫚の花ひねもす散つて庇打つ/西村梅子

俳句例:61句目~

鈴の緒がひねもす振られ初天神/品川鈴子

陽炎のひねもす動くあちこちと/正岡子規

難儀して寄居虫ひねもす宿探す/高澤良一

駅の噴水ひねもす人間模様かな/渡辺恭子

法師蝉の一樹ひねもす悼みおり/北原志満子

浜大根咲くやひねもすささら波/藤田れい子

清明やひねもす夜具を日にさらし/小澤登代

煙草伸すひねもす雨の手くらがり/木村蕪城

照雄の忌ひねもす男梅雨にして/槫沼けい一

節子忌やひねもすさくら訪ねては/田村一翠

壬生の鉦ひねもす鳴りて蝶の昼/光谷一寒子

石蕗咲きて鵜戸はひねもす怒濤音/大橋敦子

絵具谷にはひねもすの涅槃西風/後藤比奈夫

子烏のひねもす親を待ちてなく/川原みや女

芋虫のごろりひねもすごろりかな/正木海彦

遠き日のやうにひねもす四十雀/小林むつ子

ひねもすのわれにかへりし雀瓜/佐々木六戈

ひねもすの牡丹の客に疲れけり/大橋櫻坡子

ひねもすを向日葵おのが影とあり/林原耒井

雁風呂やひねもすさわぐ波の白/新谷ひろし

俳句例:81句目~

母の座はひねもす冬着縫ひ温くし/宮坂静生

星空のうらはひねもす凪いでおり/五島高資

秋はひねもす「鼻峯高慢男」読む/高澤良一

ひねもすの風をさまりて星凍つる/伊藤とし子

チャンココのひねもす響く島の盆/大木まつえ

ひねもすをぶらりと垂れて鳴子かな/原コウ子

ひねもすの穀雨の雨となりしかな/西嶋あさ子

そうめん処ひねもす噴井鳴りにけり/伊藤京子

田を拓くひねもす雉子に鳴かれけり/松村蒼石

子とあそぶひねもすふゆる浮葉かな/中村汀女

不器男忌のひねもすしとど降る雨よ/高市幸子

ひねもすを活字に溺れ薔薇くろし/鍵和田ゆう子

光る瀬のひびきひねもす豆を干す/鍵和田ゆう子

土手にひねもす発句大のバルカンせんさう/加藤郁乎

丹波太郎ひねもす聳ちて蚕の眠り/谿昭哉/『航跡』

句無き火桶にひねもす対ひてもありぬべし/島村元句集

ひねもすの風収まりて夏の夜の眠りに入らん椎の闇厚し/尾崎左永子

暴力のかくうつくしき世に住みてひねもすうたふわが子守うた/斎藤史

タイトルとURLをコピーしました