陋巷を使用した俳句

陋巷に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

陋巷を含む俳句例

陋巷に色ゆたかなる石鹸玉/林火

ゆく年や陋巷の夜の小盃/松村蒼石

白木蓮咲けば陋巷一浄土/園本穹子

陋巷に尚生きる身や納豆汁/峰青嵐

陋巷の端居心に窓に倚り/高濱年尾

陋巷や故旧の歌を紀元節/石橋秀野

陋巷や雪ちら~と年歩む/清原枴童

六波羅はいま陋巷の地蔵盆/西尾砂穂

蟷螂生れ神は陋巷に崇めらる/菅裸馬

遅ざくら陋巷にある高尾塚/西本一都

陋巷に住む顔回の暑さかな/岡本綺堂

陋巷のわが家が産屋十二月/下村槐太

陋巷の侏儒に咲ける椿かな/飯田蛇笏

陋巷の夜雨に濡れぬ西鶴忌/西村和子

陋巷や花火が撒きし金砂子/内藤吐天

騨前の梅雨陋巷も聖世界/下村ひろし

夾竹桃陋巷の夏はじまりぬ/大橋櫻坡子

陋巷に鳩舞う夕空一事を期す/古沢太穂

陋巷や芋の葉育ち主婦を凌ぐ/藤田湘子

陋巷や障子のすその春の泥/大橋櫻坡子

俳句例:21句目~

蚊帳吊りて陋巷青き夜のくだつ/内藤吐天

タイトルとURLをコピーしました