一息を使用した俳句

一息に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一息を含む俳句例

一息に十貫坂上姉の恋/斎藤冬海

薬草もむ婆が一息初蛙/田中英子

深海を一息で消し走馬燈/檜紀代

屋上へあと一息の蔦若葉/中村和子

一息に一つの音色瓢の笛/須藤常央

家影に一息入れて金売り/武嶋一雄

つき当るまで一息に乙鳥/正岡子規

一息に魂を入れ木偶廻し/有馬朗人

夜霧来てしろき牛乳飲む一息に/湘子

冬海の方へ寝かへる一息に/加藤楸邨

黒揚羽一息入るゝ大樹の根/高澤良一

こけしの瞳いれて一息山笑ふ/大江流

天牛の背を一息に押え込む/高澤良一

新樹風一息に尾根渡る見ゆ/高澤良一

春へもう一息の田を登校児/草間時彦

男あり枡で一息新ばしり/大出蕭々子

赤とんぼ浜吹く風は一息に/高澤良一

一息に唄ひ切らねば風の盆/高澤良一

一息に母を訪はめや鴨の声/永田耕衣

おじやして一息つける雨の昼/高澤良一

俳句例:21句目~

一息に一またたきに雉子の声/沢木欣一

女郎花一息おいて手折りけり/高澤良一

凍蝶に致死の一息吹きにけり/大石悦子

揚りつぐ花火に一息つけぬ空/前川敏夫

穴に入る蛇一息に尾を曳けり/棚山波朗

一息に巻くや荒渦句は二タ息/橋本夢道

おわら流し橋で一息入れゆけり/高澤良一

一息という刃をつかう蕪真白/宇多喜代子

初鳴やレモンスカッシュ一息に/大石悦子

初鵙やレモンスカッシュ一息に/大石悦子

一息に春来ぬまはりくどさかな/高澤良一

一息に磴かけ登り智恵もらひ/石本かなえ

夜に入りて一息つける土用東風/高澤良一

炊事了へ一息つけり蜜柑のまへ/高澤良一

いちはつにをんな一息入れにけり/飯島晴子

一息にたんぽぽの絮飛びつくさず/山本歩禅

一息を余し離るるしやぼん玉/なかのまさこ

夏の日や一息に飲む酒の味/路通「継尾集」

暑の退いてやっと一息つける間来/高澤良一

サイダーをのんで一息つきしかな/中井ユキ子

俳句例:41句目~

刈草の一息置いて匂ひけり/長田群青「霽日」

梅雨夜仔猫の諸声ひしめく一息毎/赤城さかえ句集

ひるがほに一息つくや米飛脚/蒼きう「蒼きう翁句集」

海蛇の長き一息梅雨に入る/リンズィー、ドゥーグル/J

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました