現(し)世を使用した俳句

現(し)世に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

現(し)世を含む俳句例

現世安穏後生善処や初蛙/上原富子

墳丘に舞ひ現世の秋の蝶/辻口静夫

春爛漫供花で伝ふ現世や/白山敏子

現世は篠つく雨や花御堂/西井静子

現世の枯園過ぎし乳母車/岩永佐保

現し世と黄泉の境の花吹雪/桂信子

現し世は虚実混沌春の闇/杉山青風

現し世を日々大切に更衣/星野立子

簾吊れば現世たちまち隔絶す/遷子

うつし世へ戻る一笛薪能/長谷川翠

現世の人が鉦打つ閻魔かな/岩井愁子

現世を太く短かく蝉時雨/井上智香代

光堂出でて現世の沙羅の雨/大橋敦子

現世の猫に懐かれ曼陀羅寺/寺井谷子

現世の新聞を読む遍路終へ/品川鈴子

現世の隙間隙間の海月かな/小林貴子

現世のひと口漱ぐ寒の水/藤井冨美子

巣篭りの卵落ちては割れて現世/松本翠

現世より身を乗り出しぬ紅葉酒/山口剛

洞窟夜会赤葡萄酒に現世の声/伊丹公子

俳句例:21句目~

真菰間を人が飛びゆく現世や/大屋達治

象の背の上の現世や寒の雨/高野ムツオ

遠きより現世は来つと松の芯/和田悟朗

邯鄲のひげ現世をまさぐれる/佐藤光汀

金箔のひらと現し世火の恋し/斎藤梅子

鍾乳洞出て現世の暑さかな/福井二三四

寒牡丹うつし世雪を降らせけり/安住敦

足袋の値に驚くことも現世かな/尾崎迷堂

月夜寒風行くに現世は蒼ざめて/香西照雄

現世をはみ出して行く鴨数羽/小泉八重子

ぶらんこの揺れ現世の悦にゐる/丸山嵐人

秋冷の現世なりしまど曉けそむ/内藤吐天

夫の死に現世のみな陽炎へり/殿村莵絲子

うつし世をかなしとこぞり踊唄/福田蓼汀

樹のそばの現世や鶴の胸うごき/飯島晴子

古寺うらを犬が嗅ぎおり現世かな/和田悟朗

うつし世は水買い置くよ秋彼岸/木曽シゲ子

うつし世は西から錆びる茄子の花/永末恵子

ひそやかに稗熟れゐたる現世かな/鈴木俊策

虚子蛇笏逝き現世はひひなの季/阿部みどり女

俳句例:41句目~

サングラス黒く見ゆるはみな現世/橋本美代子

枯れてより現し世永しうめもどき/殿村菟絲子

現し世は耐ゆることのみコンクリート/大川末広

河鹿笛うつし世遠きみささぎに/村松紅花「夕日ぶら下がり」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました