木椅子を使用した俳句

木椅子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

木椅子を含む俳句例

暖かや森の木の椅子石の席/塙告冬

待合の木椅子涼しき黒光り/仁平勝

雛菊や庭の木椅子は隙だらけ/岡崎光

教会の三人掛の梅雨木椅子/高澤良一

聖堂に稲妻かたき木椅子の列/長田等

森の夕焼終る靴屋の木椅子にも/綾子

夏シャツの駅の三人掛木椅子/梅田津

寒鴉木椅子へ更に天へ飛ぶ/右城暮石

工房の木椅子いろいろ鶲来る/東峰芳子

お花畑木椅子のどれも二人掛/影島智子

葡萄樹下木椅子は葡萄守のもの/美代子

若芝に木椅子洗へる十番館/古賀まり子

新涼の山に対へる木椅子かな/水田清子

極月の常臥しの顔木椅子に似/栗林千津

芝青む木椅子の老は睡れるか/堀口星眠

花杏木の椅子や君が子を賜ヘ/小池文子

紅梅や買ひたる木椅子提げ帰る/岡本眸

編物のひとの木椅子も立秋後/桂樟蹊子

秋麗の女は木椅子男は立ち/早乙女一郎

祈るべく木椅子は浅し復活祭/鈴木栄子

俳句例:21句目~

白芙蓉睡竹堂の木椅子かな/松崎鉄之介

白芙蓉母には遠き木椅子なる/東野昭子

氷鋸く音教会の木の椅子へ/田川飛旅子

湖の際に木椅子かがやく熊祭/加藤青女

図書館の固き木椅子や楢黄葉/内田雅子

青葉木菟木椅子を森の中ほどに/井上雪

雪の個室少年木椅子傷つけて/大井雅人

老鶯や黒パン温く動かぬ木椅子/新間絢子

背に愛す木椅子の丸み花アカシヤ/樋笠文

花あしび木椅子の刻のゆるやかに/星芳子

葡萄垂れ木椅子のひとを緑なす/河野南畦

野外劇木椅子の下を落葉駈け/橋本美代子

鈴蘭の一束だれもゐぬ木椅子/小野恵美子

露台から木椅子海まで歩かせる/前西一尾

黄落や庭の木椅子の背の温み/西嶋あさ子

ゆふすげに木椅子沈めり少女寮/堀口星眠

居酒屋の木の椅子鳴りぬ隙間風/高橋欣也

木の椅子にゐて筒鳥を聴きとめし/成海静

木の椅子に一人はなれて櫻桃忌/古舘曹人

木の椅子に寒柝響き書き嘆く/田川飛旅子

俳句例:41句目~

母の日や教会の木の椅子に傷/田川飛旅子

入院や木椅子にすがる蝉の殻/石田あき子

洋間には木の椅子ばかり涼しけれ/上野泰

滝の音とどく木の椅子木の机/猪俣千代子

退庁の木椅子片寄せ暮れ易し/榎本冬一郎

四阿に木椅子木の卓小鳥来る/真鍋/完子

新緑や木椅子に昨夜のしめりあり/岡和絵

木椅子一つ銀河かかれる庭にあり/岡崎光

林中の木椅子の湿り臭木の実/高橋さえ子

森ふかき木椅子にこぼれ山法師/増田富子

春落葉恋の木椅子に降りしきり/斎藤節子

漠然と秋の木椅子を見てゐたり/栗林千津

異邦人どうしが分つ木椅子の冷/有馬朗人

秋冷の木椅子に人も朽ちてゆく/横山房子

秋彼岸母の木椅子の濡れしまま/山内/翠

絵硝子の彩染む木椅子露けしや/内藤吐天

みじろぎにきしむ木椅子や秋日和/芝不器男

いくたびも同じ蝶来る日の木椅子/足立行子

木椅子二つ対話の跡よ枯芝生/鍵和田ゆう子

絵硝子に百合に木椅子の固からず/桂樟蹊子

俳句例:61句目~

つねに木椅子沖向く灯台守の秋/神尾久美子

夏めくと木椅子一つをもちだしぬ/松林央子

風あつめ木椅子の恋は鳥のもの/菅原さだを

温かく生理きざすや露の木椅子/井戸みづえ

アトリエの木椅子に午後の枯深し/加藤耕子

居るはずの木椅子に登山帽子かな/細井啓司

曼珠沙華木椅子は雨に濡れはやし/古舘曹人

七夕や木椅子を立ちて顔かげる/柴田白葉女

丸善に秋思の木椅子/濃い珈琲/大西やすし

快楽や青野に朽ちてゆく木椅子/夏井いつき

冬日すぐかげる木椅子を毎日出す/中山純子

彫り美しき木椅子置きたり秋桜/柴田白葉女

復活祭木椅子に吾子の掴まり立ち/加畑吉男

スケートの靴が木椅子に夜の湖畔/根岸善雄

暖かといへばあたゝかなる木椅子/星野高士

春の虹消えて木椅子に猫ねむる/柴田白葉女

木の椅子の冷たく神のこゑを待つ/細川加賀

母と並んで坐る木の椅子復活祭/田川飛旅子

春月の木椅子きしますわがししむら/桂信子

木椅子の脚を蔦が掴みて悲劇めく/内藤吐天

俳句例:81句目~

脚長き蜂こぼれ来る木椅子かな/上野さち子

冬の日の亡夫の木椅子揺らし遣る/殿村菟絲子

前栽に南風吹き上ぐる缺け木椅子/下村ひろし

木椅子あり子規忌の樹下を人占めて/桂樟蹊子

牛飼の木椅子にいかる来て鳴けり/原田しずえ

酒場の木椅子に鳥めくわれら黄葉期/鈴木河郎

ビヤガーデン雨の匂ひの木椅子引く/高澤良一

生ぬるき木椅子ににいにい蝉聴けり/高澤良一

フラスコ沸騰蝉声たまる木の椅子に/桜井博道

もろこし食ぶ牧の木椅子に母とゐて/広田恵美子

木椅子みな主に向ひ秋となりゆけり/山上樹実雄

さびしさびし上簇すみし木椅子とは/加倉井秋を

ダビデの詩木椅子に読める四温かな/八木岡宏子

もう去ったアポリネールの木椅子の冷え/伊丹公子

水無月嘘あまた梅雨の女は木の椅子に/宇多喜代子

古い駅舎の古いアメリカ木椅子のジャズ/伊丹公子

大土間に低き木椅子や土用灸/伊佐山春愁「郷関」

「夫婦は同体」月夜の木椅子に半体置く/磯貝碧蹄館

無題の月ここにこわれた木の椅子がある/富澤赤黄男

こはサマセット/モームの木椅子椰子ホテル/伊丹公子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました